角質層のバリア機能と保湿について

化粧品のトライアルセットおすすめ比較ランキング.com

角質層のバリア機能と保湿について

読了までの目安時間:約3分

肌の一番のバリア機能は角質になります。バリア機能を理解するのと、そのバリア機能と保湿との関係性も見てみましょう。

 

よくお風呂でお湯に浸かっても、肌の中にどんどんお湯が入っていかないのは、どうしてなのか気になったことはありませんか?

 

それは肌表面に角質という「バリア機能」が働いているのが原因です。これがなかったら海の潮水に触れたらどうなるかわかりませんよね。

 

そんな肌のバリア機能の役割を果たしている角質層ですが、実は厚みがったの0.02㎜程度の非常に薄い膜になっています。

 

2013y12m12d_011116312

 

 

角質はいくつもの層が積み重なってできており、その隙間をセラミド等がぴったりと埋めているというような構造になっています。

 

このびっしりと細胞同士がくっついている事によって水や異物が肌の中に入るのを防ぐという働きをしています。これが「角質層のバリア機能」になります。

 

このバリア機能が弱くなってしまうと刺激に弱くなり、肌荒れや肌トラブルの原因になってしまいます。

 

 

バリア機能と保湿の関係

 

バリア機能には異物を肌の中に入れないという働きもありますが、他にも重要な働きがあります。

 

それは肌の内側から湧き出る水分を角質に蓄えておくことです。

 

普通の角質は大体20~30%くらいの水分を含んでいます。これは主に肌が水から作り出しているセラミドなどの保湿物質によって維持されています。

 

セラミドは細胞同士をくっつけるだけでなく、保湿物質としても大きな役割を持っています

 

そういった理由で、セラミドを作る力が弱くなってしまうと、角質の水分が蒸発してしまい、肌内部の水分まで失ってしまいます。

 

肌の乾燥つまり乾燥肌を防ぐためには、肌内部のセラミド等の保湿物質がきちんと働いていることが非常に大切だという事がよく分かりますね。

 

 

お試しトライアル化粧品ヘッダー
エイジングケアお試しトライアルセットランキング画像
ニキビケアお試しトライアルセットランキング
乾燥肌対策お試しトライアルセットランキング

 

タグ :   

肌の基本情報

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る