化粧品のトライアルセット比較ランキング.com

化粧品のトライアルセットおすすめ比較ランキング.com

表皮と真皮の構造の違いとシワや保湿への影響

読了までの目安時間:約9分

皮膚を見ると単純に一枚の皮のように見えますが実際はそうではありません。実際は上が表皮で真中が真皮、一番下が皮下組織になります。

 

その中でもスキンケアの際に重要になってくるのが、表皮と真皮になります。効果的なスキンケアをする為にもしっかりと表皮と真皮について知っておきましょう!

 

表皮と真皮はそれぞれ、肌の見た目や状況に非常に大きな影響を及ぼす部分なのでしっかりと役割について理解するといいと思います。

 

2013y12m08d_002355978

 

基本的にはこういった知識は参考程度でもいいのですが、化粧品の働きや効果を正確に理解するなら、多少はこういったことも知っておくといいかもしれないですね。

皮膚の表面にあたる「表皮」の働きについて

皮膚の表面にあたる「表皮」の働きについて画像

 

表皮は肌を通して外から入ってくる刺激から保護してくれる働きがあります。

 

もし外部から異物が入ってきた時は、その情報を神経に伝えたりする働きがあります。

 

また体内の水分が蒸発するのを防ぐ働きもあり、肌のうるおいを保つ働きがあります。

 

つまり肌の保湿に大きな関係があるという事がよく分かると思います。

 

保湿がしっかりしていると肌トラブルの多くを防ぐことが可能なので、肌のエイジングケアはもちろんですが、ニキビ対策などでも大事になってくる部分だと思っていいです。

 

肌がカサカサしていたり、シワが目立ってきているなら表皮の働きについて理解しておくと、いい保湿化粧品選びの参考になるかもしれないですね。

 

表皮の仕組みとは

表皮は皮膚の一番上の部分になり、「角質」と角質からしたの「基低層」部分までの所をいいます。

 

よく「肌の角質」という表現が化粧品とか化粧水とかで言われていることが多いですが、「角質」は表皮の一部という事になります。

 

では具体的に表皮はスキンケアや美容においてはどのような役割や効果があるのか詳しく説明したいと思います。

 

簡単に表皮というものがどのような感じでできているのか下記に図で紹介しています。

 

2013y12m09d_005148478

表皮の角質層が肌トラブルなど刺激をシャットダウンする

角質層とはそんな角質細胞がレンガ状に20層くらいに積み重なっている層の事をいいます。

 

水分を大体約20パーセントから30パーセントくらい含んでおり、ラップと同じくらいの薄さの0.02mmくらいの厚さながら外部のからの刺激をシャットダウンしたり、肌内部の水分が蒸発しないように守ったりする役割があります。

 

こうして見ると角質層が肌を守るのにどれだけ重要な部分か分かるのではないでしょうか。

表皮の角質層から下の層は肌の生産する場所

真皮との境目部分にあたる、「基低層」は肌の生産部分になります。

 

ここで生まれた表皮細胞がゆくゆくは角質細胞になっていきます。お互いの細胞はしっかりとくっついていて、角質とともに伸びても破れないようにな丈夫な構造になっています。

 

他にも外敵からの刺激から肌を守る免疫細胞や、紫外線から表皮細胞を守るためのメラニン色素を作りだすメラノサイトも含まれています。

 

こうしてみると表皮だけでも美容やスキンケアに密接に関係のある細胞が数多く出てきているのがよく分かりますね!

 

角質はもちろんですが、紫外線から肌を守るメラニン色素など、また肌の水分を守る保湿にも重要な部部という事もよくわかりますね。

 

まずは表皮の役割についてしっかりと覚えておくと、美容品や化粧品などの購入する際にも説明の内容が深く理解できると思います。

表皮の下にある「真皮」の働きについて

表皮の下にある「真皮」の働きについて画像

 

真皮の大きな役割は、クッションのように肌の弾力やハリを保つことにあります。ふっくらと立体的な肌を作る重要な役割を持っています。

 

真皮の働きが弱くなってくると、肌を支えることができなくなってしまって、シワやたるみの原因になってしまいます。

 

老化によってかなり影響出てくる部分なので、肌の衰えを感じているならここが大きなポイントになってくるかもしれないですね。

 

つまり加齢によるシワやたるみは、この真皮と大きな関係があるという事がわかります。

 

真皮も肌のエイジング効果に影響が出る部分だと判断していいと思います。

 

アンチエイジング化粧品を選ぶ際にはこういった表皮や真皮への影響について記載があるかということに注目してみるといいかもしれないですね。

 

また表皮や真皮に影響のある成分が入っているかどうかも確認のポイントになってくるかもしれないです。

真皮の仕組みとは

真皮は表皮の下の部分にある基低膜をはさんだ表皮の下にある、肌の土台ような部分になります。

 

その美容における役割は「肌の弾力を保ち」、真皮内にある毛細血管を通して栄養や酸素を隅々まで届けるという役割があります。

 

弾力のある肌を作る役割がある重要な部分の肌細胞になります。シワや肌のたるみが気になる方は覚えておきましょう

 

真皮内の主な成分として、「コラーゲン」、「ヒアルロン酸」、「エラスチン」、「繊維芽細胞」があります。

 

2013y12m10d_002137103

 

 

この中でも「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」は聞いたことがある人が多いのではないでしょうか。こういった細胞が出てくることからも、真皮が美容に重要な細胞だというのがよく分かると思います。

 

ではそれぞれの成分はどのような役割があるのでしょうか。

真皮のコラーゲンは肌の主要な成分

丈夫なタンパク質からできた繊維になっており、水分を除くと真皮の約70%を占めるのがコラーゲンになります。

 

コラーゲンは真皮内に網目状のネットワークを作ることによって肌の弾力をキープする効果があります。

 

つまりシワやたるみの原因は、このコラーゲンの減少や変性によって肌の弾力をキープすることができなくなった事が大きな原因であり要因になります。

真皮のエラスチンはコラーゲンをつなぐ繊維

エラスチンはゴムのような弾力のある繊維になっており、コラーゲンのところどころをつなげる効果があります。またそれぞれを支える効果もあります。

 

水分を除くと真皮の約5%を占める細胞になっており、年齢とともに減少してしまいます。

 

このエラスチンの減少もシワやたるみの原因になります。

ヒアルロン酸は細胞間の隙間を埋めるゼリー

ヒアルロン酸はエラスチンとコラーゲンで作られている網状構造の隙間を埋め尽くすゼリー状の物質になります。

 

ゼリー状の物質なので弾力もあり、真皮の構造を安定的に保つ働きがあります。

 

このヒアルロン酸は化粧品や化粧品に配合されることが多いですが、それは水分維持力が高いので保湿成分として使われるからです。

 

またもともと肌内部になる物質なので、安心して使えるという事からもヒアルロン酸を保湿物質として使用しています。

 

こうして見ると真皮が美容にどんな影響を及ぼしているのかよくわかりますね!

 

真皮は肌のシワやたるみに大きな影響を及ぼしているというのがよく分かりますね。

 

シワやたるみが気になる方は真皮の働きを覚えておくようにするといいと思います。またエイジングケアでも重要な箇所と言えると思います。

お試しトライアル化粧品ヘッダー
エイジングケアお試しトライアルセットランキング画像
ニキビケアお試しトライアルセットランキング
乾燥肌対策お試しトライアルセットランキング

 

タグ :   

肌の基本情報

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る