肌内部の保湿物質を活用する!その保湿物質とは?

化粧品のトライアルセットおすすめ比較ランキング.com

肌内部の保湿物質を活用する!その保湿物質とは?

読了までの目安時間:約3分

乾燥肌で悩んでる人は、保湿成分が入っている化粧品を使っている人が多いと思います。

 

そういった先入観から、保湿成分は化粧品などの外部から塗ることによって補給できると思っている人がいますが、そうではありません。

 

人間の肌にも最初から潤いを守る、保湿物質が入っているのです。

 

ではその肌内部に最初からある保湿物質とは何なのでしょうか?

 

保湿に効果的な角質細胞間脂質

 

保湿に効果的な物質として、角質細胞間脂質というものがあります。

 

これは角質細胞の間にあって、水分蒸発を防いでいる脂質の一つになります。

 

脂質という名称からあまりいいイメージが湧かないかもしれませんが、成分の約40%を占めているのがセラミドなので、かなり強力な保湿物質と言えると思います。

 

乾燥肌の原因も角質細胞間脂質

 

上記で紹介したように角質細胞間脂質は肌の潤い効果の高い肌内部に存在する物質です。

 

その強力な保湿効果がゆえに、角質細胞間脂質が減ったり、正常に働かなくなると、肌の水分が保てなくなり、乾燥肌の原因になります。

 

この角質細胞間脂質は加齢と共に生産量が減少していくので、加齢による乾燥肌の大きな原因になっています。

 

※肌内部の保湿物質は大切に!

 

肌に保湿物質が存在しているというのはそんなに気にしてない人が多いですが、かなり強力な保湿物質だということがわかりますね。

 

外部から保湿成分を摂取するのもいいですが、肌から元々存在するこの保湿物質を活用した方が外部から成分を摂取するより効率がいいです。

 

お試しトライアル化粧品ヘッダー
エイジングケアお試しトライアルセットランキング画像
ニキビケアお試しトライアルセットランキング
乾燥肌対策お試しトライアルセットランキング

 

タグ :   

肌トラブル解決のテクニック 肌トラブル解決のテクニック 乾燥肌の解決方法

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る