肌のコラーゲンを増やす成分と選び方

化粧品のトライアルセットおすすめ比較ランキング.com

肌のコラーゲンを増やす成分と選び方

読了までの目安時間:約7分

肌のシワやなどをケアする際には予防として保湿をするのはいいですが、改善するならコラーゲンを増やすことが必要になってきます。

 

そこでここではコラーゲンを増やすことができる代表的な成分について説明しています。

 

コラーゲンを飲んだとしてもコラーゲンは増えることはないので、それを増やす成分をしっかりと摂取する必要があります。

 

肌のハリやシワをなくすにはコラーゲンを増やすことが第一ですが、コラーゲン配合のものを食べたらそれがすぐに定着するわけではないです。

 

意外と勘違いしがちなんですよね。ここでしっかりと正しい知識を身につけましょう!

 

コラーゲンを増やせる3つの成分について

2014y05m15d_152222544

基本的には下記の3つの成分を押さえておけば問題ないと思います。

 

選び方のポイントなども載せているので是非参考にしてみてはどうでしょうか。

 

ビタミンC誘導体の使い方と選び方

 

ビタミンC誘導体は、ビタミンCを肌に入りやすい形に変えたものになります。ビタミンCはそのままだと肌に吸収されにくいのでビタミンCを摂取するならこれが一番いい形になります。

 

体内のコラーゲンの合成に必要な成分で、美白作用や皮脂抑制作用、抗酸化作用など色々な美容効果が期待できる代表的な成分になります。

 

  • 選び方について
  •  

    ビタミンC誘導体はクリームタイプよりは水に配合したほうが安定しやすいという特性があるので、化粧水として利用するのが正しい選び方になります。

     

    種類も複数ありますが、その中でも「リン酸アスコルビル」や「パルミチン酸アスコルビルリン酸」などの成分を利用すると肌への浸透力が高くてオススメです。

     

    こういった成分が入っている化粧水を選ぶようにするといいのではないでしょうか。

     

  • 使用法について
  •  

    朝晩のスキンケアの際に顔全体に塗るようにするといいです。また美顔器などで肌に浸透させるようにするのもありだと思います。

     

    ちなみにビタミンCをつけることによって刺激を感じたり、肌が乾燥しやすくなったと感じるようなら下記で説明しているナイアシンを利用するようにするといいです。

     

    ナイアシンの使い方と選び方

     

    ナイアシンはビタミンCと同じように水溶性のビタミンの一種になります。

     

    コラーゲンの合成を高めて、肌の代謝を活性化して肌にハリや潤いを与えるようになります。

     

    ナイアシンはビタミンC誘導体やレチノールに比べて刺激が少ない成分なので、敏感肌の人などにもいいです。またエイジングケア化粧品を試したいという人にもオススメの成分だと言えます。

     

  • 選び方について
  •  

    水溶性の成分なので、化粧水などの水性タイプの美容液や化粧水などで選ぶようにすると確実だと思います。

     

  • 使用法について
  •  

    使い方については基本的にはビタミンC誘導体と同じように、朝晩のケアで顔全体に塗るようにするといいと思います。

     

    レチノールの使い方と選び方

     

    レチノールはビタミンAの一種で、人間の体内にあるものになります。肌のターンオーバーを促してコラーゲンを増やすという効果があります。

     

    特に目元の小ジワや浅いシワに効果的だといわれています。ただほうれい線などの深いシワにも使うことはできますが、深いシワの場合だと目に見えた効果を発揮するのはちょっと難しいかも知れないですね。

     

    また効果が高い半面で、少し刺激が強いので、肌が弱い人はナイアシンを使うようにしたほうがいいです。

     

  • 選び方について
  •  

    レチノールは他の2つと違って油溶性なので、美容液やクリームなどに使われることが多いです。特にアイクリームに配合されていることが多いです。

     

    目元のシワを改善するのに効果的になので、その影響でアイクリームに使われているのだと思います。ちなみにシミにも効果があるので悩んでいるなら使ってみましょう。

     

  • 使用法について
  •  

    使っていると最初は肌がカサつくことがありますが、慣れてくるとそういうこともなくなってくるようですね。

     

    ただカサついてしまうという人はレチノールではなく、ビタミンC誘導体かナイアシンを使ってみるのもいいと思います。

     

    日光に弱いという性質があるので、使うなら夜のナイトケアに使うようにしてみてはどうでしょうか。

     

    また古くなった角質を除去するピーリング後に使用すると、さらに浸透性が高くなるのでやってみてはどうでしょうか。

     

    上記のような感じで肌の状態に合わせて使っていくといいと思います。また組み合わせて使ってみるとさらに効果的かもしれないですね。

    お試しトライアル化粧品ヘッダー
    エイジングケアお試しトライアルセットランキング画像
    ニキビケアお試しトライアルセットランキング
    乾燥肌対策お試しトライアルセットランキング

     

    肌の基本情報 肌の基本情報 保湿の仕組みと情報

    この記事に関連する記事一覧

    TOPへ戻る