肌のたるみは顔立ちによって異なる

化粧品のトライアルセットおすすめ比較ランキング.com

肌のたるみは顔立ちによって異なる

読了までの目安時間:約4分

肌のたるみは加齢による影響はもちろんですが、二重あごも肌のたるみの顕著な例と言えると思います。

 

たるみはシワと同様で、真皮のコラーゲンやエラスチンの変化によって起こります。

 

たるみやほうれい線、二重あごは20代や30代の人でも悩んでいる人が多い肌トラブルの一つになります。

 

たるみはコラーゲンんが弾力を失ったり、コラーゲンどうしのネットワークを維持するエラスチンが減少したりすると、線維全体のネットワークが崩れます。

 

こうして肌はたるんできます。

 

肌のたるみの現れ方

 

2014y05m15d_152222544

 

肌のたるみとシワの原因は同じなので、対策も同じになってきます。

 

ただし人間の顔立ちなどによってたるみが現れる部分は異なってきます

 

たるみの現れ方には「たるみ毛穴」「涙袋」「二重あご」「ほうれい線」などがあります。

 

それぞれのたるみの構造を見ていきましょう!

 

  • たるみ毛穴
  •  

    たるみ毛穴は初期のたるみになります。

     

    多くの人が、頬などの毛穴の開きからたるみを感じ始めるようです。

     

    若い時はハリのあるコラーゲンが毛穴を周りから支えています。

     

    しかしコラーゲンが緩んでくると、それを支え切れなくなって毛穴が開いてきます。

     

  • 涙袋
  •  

    涙袋はもともと薄い目元の皮膚がたるんで、眼球のまわりにある脂肪を支えきれなくなって、下まぶたの皮膚が、ぷくっと膨らんだように見えてしまうことをさします。

     

  • 二重あご
  •  

    二重あごはフェイスラインのたるみになります。

     

    体重が増えたわけでもないのに二重あごになるのは、一種のたるみになります。

     

    頬からあごまでが顔の中でもっとも脂肪の厚い部分で、それを皮膚が支えきれなくなると二重あごに見えます。

     

  • ほうれい線
  •  

    ほうれい線は、よくシワと間違えられますが、実はたるみが原因になります。

     

    頬の厚い脂肪を支える皮膚や皮下組織がたるんで顔全体が下がってきているのです。

     

    残念ながら化粧品での解消は困難なので、美容皮膚科で行うヒアルロン酸注入などでないと緩和は難しいようです。

     

     

    まずは上記のようなたるみの現れ方についてしっかりと理解しておきましょう。

    お試しトライアル化粧品ヘッダー
    エイジングケアお試しトライアルセットランキング画像
    ニキビケアお試しトライアルセットランキング
    乾燥肌対策お試しトライアルセットランキング

     

    タグ :    

    肌トラブル解決のテクニック 肌トラブル解決のテクニック たるみの悩みと解決について

    この記事に関連する記事一覧

    TOPへ戻る