肌が潤うってどういう状態をいうの?

化粧品のトライアルセットおすすめ比較ランキング.com

肌が潤うってどういう状態をいうの?

読了までの目安時間:約3分

肌が潤っているという事は、正しい保湿ができているという証拠になります。

 

では肌が潤っているというのは、どういう状態の事を言うのでしょうか?

 

簡単に言うと肌が自ら「保湿物質」をつくって、角質内に水分を蓄えておける状態の事をいいます。

 

この保湿物質がしっかりと機能している状態なら、湿度が0パーセントの状態でも水分の蒸発を防ぐことが可能になっています。

 

つまり保湿物質を作る機能が弱まってしまうと、肌はどんどん乾燥してしまうのです。

 

 

保湿力を支えるセラミドとは

 

角質層で水分を守っている物質には代表的なものとして三つのものがあります。

 

それは「天然保湿因子」、「皮脂」、「セラミド」、が挙げられます。こういった細胞が連携しながら肌の水分を保つようになっています。

 

角質層での水分の内、8割以上がセラミドと角質細胞間皮脂になります。16%~17%が天然保湿因子になり、皮脂の果たす役割は2%~3%程度になります。

 

こうして見るとよく分かりますが、水分を守る鍵が、セラミドと角質細胞間皮脂にあるということがよくわかります。

 

2013y12m18d_194136584

 

普通は脂質と水は結合することはありません。ただセラミドは水と結合して、その水は質が0%でも蒸発することがなく、気温がマイナス20℃まで下がっても凍らないという性質があります。

 

セラミドは過酷な環境にも対応して水分を守ってくれる保湿のボディーガードのようなものなのです。

 

上記のような理由から、セラミドを沢山含んでいる肌は潤いに満ちていると考えられます。

 

セラミドを多く含んでいる肌のいい例として、赤ちゃんの肌があります!

 

これは大人に比べて赤ちゃんの肌には沢山のセラミドが肌に含まれているからです。

お試しトライアル化粧品ヘッダー
エイジングケアお試しトライアルセットランキング画像
ニキビケアお試しトライアルセットランキング
乾燥肌対策お試しトライアルセットランキング

 

タグ :  

肌の基本情報 保湿の仕組みと情報

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る