化粧品の使い方と種類 肌のシミケア

美白化粧品の使い方とシミへの効果について解説

更新日:

美白化粧品を使いたいと思っている人は肌をキレイにしたいと思っている人やシミを消したいと思っている人が多いです。

そこで美白化粧品の詳しい使い方と、どのような仕組みで美白化粧品がシミに効果を与えるのかという仕組みについて解説していこうと思います。

ちなみに美白化粧品の選び方についてはこちらで解説しているので参考にしてはどうでしょうか。

美白化粧品については効果を誤解している人も多いのでその部分を解説しながら効果的な使い方について解説していこうと思います。

美白化粧品は肌を白くするわけではない!

美白化粧品は肌を白くするわけではない画像

美白成分ということ肌を真っ白にしてくれると思っている人もいると思いますが、そうではありません。

美白成分はメラニンの生成を抑えるのが効果なので、ニキビ跡の赤みなどメラニン色素によるものでない色を白くすることはできません。

ただビタミンC誘導体はニキビ跡の赤みに有効です。

美白と言う言葉の意味を勘違いしている人も中にはいるので注意が必要だと思います。

美白化粧品のシミへの効果について

肌のシミの原因がメラニンであることは良く知られていることです。

肌は紫外線を浴びると、肌の中で「メラニンをつくれ」という指令が出ます。

そこでメラニン色素が作られるわけですが、このメラニン色素を製造するプロセスを、どこかの段階で抑えるのが美白成分の効果と働きになります。

しかし同じ美白成分ではあっても肌に働きかけるタイミングは異なります。

具体的には「メラニン生成指示を邪魔する」成分と「メラニン色素に影響を与える物質の働きを抑える」成分に美白化粧品を分けることができるということです。

ほとんどの美白化粧品はこの2つのどちらかに分類されます。

美白化粧品のシミへの効果の仕組みを知ろう!

美白化粧品のシミへの効果の仕組み画像

上記で説明したように美白化粧品は「メラニン生成指示を邪魔する」成分と「メラニン色素に影響を与える物質の働きを抑える」成分に分類することができます。

シミの原因になるメラニンは紫外線などの肌への刺激によって、メラニンを生成するという支持が伝達されて、チロシンという物質が分泌されます。

そのチロシンという物質が変化してメラニンになって、それがシミになるというのが肌にシミができる流れになります。

それらの流れを抑える美白化粧品の仕組みを下記でご覧ください。

メラニンをつくる指令を邪魔する美白成分

紫外線が肌表面にあたると、肌の内部を守ろうとして表皮細胞が「エンドセリン」などの情報伝達物質が分泌されます。

これらが物質がシミの原因になるメラノサイトに「メラニンをつくれ」と指令を出します。

美白成分(指令物質を抑制)

上記で紹介している「メラニンをつくれ」という指令を与えている「エンドセリン」などの情報伝達物質の働きを邪魔することによって、メラニンの生成を抑える美白成分として働いてくれます。

それが下記のような成分になります。

  • カモミラET
  • トラネキサム酸
  • t-AMCHA(t-シクロアミノ酸誘導体)など

上記が指令物質の伝達を邪魔するタイプの美白成分になります。

メラニン生成自体を邪魔する美白成分

次にエンドセリンなどの情報伝達物質がメラノサイトに届くと、メラノサイトの中でメラニン色素が作られ始めます。

始めに作られるのが「チロシン」というアミノ酸になります。

次にメラノサイトにのみ存在する「チロシナーゼ」という酸化酵素が働いてすぐにメラニン色素に変化してしまいます。

美白成分(チロシナーゼの働きを抑える)

メラニン色素に変化してしまうチロシナーゼの働きを抑えることによってメラニンの生成を抑えます

美白化粧品のほとんどがこれに該当します。

  • アルブチン
  • コウジ酸
  • エラグ酸
  • ルシノール
  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタエキス
  • トラネキサム酸
  • 油溶性甘草エキス(グラブリジン)など

上記がメラニンに変わるチロシナーゼの働きを抑えるタイプの美白成分になります。

他にもチロシナーゼ自体を減らす成分も存在します。

美白成分(チロシナーゼを減らす)

メラニン色素に変化してしまうチロシナーゼ自体を減らす効果のある美白成分になります。

  • リノール酸

上記がチロシナーゼを減らす効果のある美白成分になります。

こうして見ると美白成分と一口に言っても色々な働きをするものがあることがわかると思います。

肌のシミはメラニンが残り続けた結果発生する

メラノサイトで作られたメラニン色素は、表皮細胞へと徐々に受け渡されていき、ターンオーバーとともに角質へと上がっていきます。

シミの原因はメラニン色素が肌に居座ること

通常はターンオーバーによって排泄されていきますが、なんらかの影響で、メラノサイトの過剰な活動が収まらず、メラニン色素が作られ続けると、シミになって残ってしまいます。

その他にもターンオーバーが遅くなってメラニン色素が残ってしまっている場合もあります。

こうした肌のシミ予防などに利用できる美白化粧品ですが、具体的にどのように使うと効果があるのでしょうか?

美白化粧品の使い方

美白化粧品の使い方画像

美白化粧品はシミを薄くして消すという効果もありますが、使う際にはシミの部分だけでなく顔全体に使うようにするのがポイントになります。

よくしっかりと美白成分を浸透させようとして、強くすり込んだりしている人がいますが、その刺激のせいで、シミやシワができる原因になってくるので注意が必要です。

また美白化粧品をつけながらマッサージをしている人もいますが、美白化粧品は元々刺激が強いものなので、無理にマッサージを行うと逆効果にもなります。

そのためマッサージを行いながら使うなら、保湿化粧品にしておきましょう。

美白化粧品の使い方の流れ

1.頬になじませよう!

手のひらに適量の美白化粧品を手にとって、両手で頬を包むようにしてなじませるようにしましょう。

ちなみに使用量は説明書に書いてある通りの容量を守るようにしましょう!

量が多いと刺激が強くなってしまう可能性があり、少ないと効果が下がってしまうので、使用量はしっかりと守るようにすることが大事になります。

2.肌が弱い部分はキツネ指で!

肌が弱い部分である目元などに美白化粧品を使う場合には、中指と薬指の指先をくっつけて、キツネ指でトントンと軽く叩いてなじませるようにするといいです。

美白化粧品は基本的には朝晩使うようにするといいです。

ビタミンC誘導体などの抗酸化作用があるものは、朝晩使うことによって紫外線対策にもなるのでおすすめです。

ただものによっては「夜だけ使用」などの指示があるものがあるので、そういった場合には指示に従って使うようにしましょう。

美白化粧品はシミ予防が主目的!

美白化粧品はシミ予防が主目的画像

よくシミが目立ってから美白化粧品を使っている人がいますが、美白化粧品はメラニン色素を減らすように働くものなので、できてしまったシミを漂白剤のように消すような効果はないです。

そういった予防の意味でも美白化粧品は一年間を通して使っていくのがいいのです。

年間を通して使うことを考えると上記で記載したように、ベタつかずに、軽いテクスチャーの美容液が個人的にはいいと思います。

また価格面から考えても、年間を通して使用することを考えて、継続的に利用できるような価格帯の商品を選ぶようにすることが大事になると思います。

当サイトでは化粧品のトライアルセットを比較ランキングとして掲載しているので、お試しで利用できる商品を載せています。

美白化粧品を含めて化粧品は使ってみないと効果があるのかわからないので、まずはトライアルセットなどのお得な商品を利用して比較してはどうでしょうか。

エイジングケアお試しトライアル化粧品ランキング

エイジングケアお試しトライアルセットランキング画像

ニキビケアお試しトライアル化粧品ランキング

乾燥肌対策のお試しトライアルセットランキング

乾燥肌対策のお試しトライアルセットランキング画像

-化粧品の使い方と種類, 肌のシミケア

Copyright© 化粧品のトライアルセットおすすめ比較ランキング.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.