化粧品のトライアルセット比較ランキング.com

化粧品のトライアルセットおすすめ比較ランキング.com

睡眠での美肌や美容効果を高める方法を徹底解説

読了までの目安時間:約13分
睡眠での美肌や美容効果を高める方法を徹底解説画像

睡眠というのは美肌やスキンケア対策では重要というのは有名ですが、どれぐらい重要なのでしょうか?

 

基本的に体の内側からの美肌やスキンケア効果だと、食事が一番大事だと思っている人が多いと思いますが、実は違います。

 

実は美肌を実現するためには食事よりも「寝る」ことの方が重要なのです。

 

では実際に睡眠がどれだけ美肌やスキンケアに効果的なのか紹介します。

 

睡眠でどのような仕組みで美肌や美容効果を得られるの?

睡眠の美肌美容効果画像

 

夜更かしをした翌日って、体がだるかったり、頭痛がしたりして体調が良くない事ってありませんか?

 

これは寝ている間に肌を含む体全体が修復されているからなのです。

 

この修復は血液を通して行われるのですが、起きている日中は血液のほとんどが脳に集中しています。

 

そのため肌にはほとんど栄養が行き渡りません。

 

寝ることによって血液が体中に流れて肌に栄養が行き渡るという仕組みになっています。

 

肌のターンオーバーなども寝ている間に行われていることからも、睡眠がどのように美肌や美容に効果的であるのか分かると思います。

 

ある意味では睡眠をとることが美容や美肌について一番重要な部分だと言えると思います。

 

こうしてみると睡眠の重要性がよくわかりますよね。美肌に化粧品は重要ではありますが、あくまで美肌を作るのは自分の体だということを忘れてはいけませんね。

睡眠時間はどれくらいで美容や美肌効果を得られるの?

睡眠時間はどれくらいで美容や美肌効果画像

 

睡眠によって、体の血液から肌に栄養が十分に行き渡るというのはわかりましたが、具体的にどれくらい寝ると、上記のように肌に栄養が行き渡るのでしょうか?

 

眠り始めてから大体3時間くらいのうちに成長ホルモンの分裂が盛んになるといわれています。この成長ホルモンによって肌内で細胞分裂が起こっているようです。

 

肌や内臓の修復には最低でも6時間は必要と言われています。

 

そういった理由から睡眠時間が6時間を下回ってしまうと肌修復が不十分になってしまい、誰でも肌荒れの可能性が出てきてしまいます。

 

6時間をというのは最低限の睡眠時間なので、余裕を持って6時間以上くらいは睡眠を取れるようならベストなのではないかと思います。

朝起きるのがしんどいなら睡眠サイクルを利用

朝起きるのがしんどいなら睡眠サイクルを利用画像

 

美肌を実現するためには睡眠のサイクルは非常に大事になってきますね。

 

また寝て起きる際も、気持ちよく起きられる睡眠をとることも非常に大切なことになってきます。

 

特に朝起きるのがしんどいと感じている人は睡眠サイクルが上手く利用できてない可能性があります。

 

睡眠には深い眠りの「ノンレム睡眠」と、浅い眠りの「レム睡眠」が1時間半ごとに交互にやってきます。

 

つまり6時間、7時間半という感じで、1時間半の倍数ごとに睡眠のサイクルを設定するといいリズムになりやすく、目覚めやすいです!

 

ちなみに、寝始めにやってくるのが「ノンレム睡眠」で、目覚めの準備に入りやすいのが「レム睡眠」なので、それを考慮すると睡眠時間は6時間や9時間といった感じで、3時間ごとにするのが理想的になります。

 

睡眠サイクルを意識して、起きたら2度寝して次の睡眠サイクルに入らないように体を起こしましょう。

 

すっきりと目を覚ますために、まずは部屋を明るくしたり、目覚めに水を一杯飲むようにすると、すっきりと目を覚ますことができます。

睡眠には美容や美肌に効果の高いゴールデンタイムがある!

睡眠には美容や美肌に効果の高いゴールデンタイム画像

 

肌のゴールデンタイムを活用すれば美肌に近づくとされていますが、具体的な時間が気になる所ですね。

 

肌のゴールデンタイムは夜10時~深夜2時とされています。

 

その間に睡眠をとるのが美肌のポイントと言われています。

 

これは昔からの人間の体に刻まれた体内時計に従った生活をすべきという説に基づいている話になります。

 

ただこれを現代社会で忠実に実践するというのは難しいですよね。

 

夜10時~深夜2時というのは昔からの考えを基準にしているので、現代では午前0時から0時半くらいまでに寝るようにすればいいとされています。

 

女性の場合には特にこういった睡眠時間についてはしっかりと守るようにするといいです。

 

こういった睡眠時間のゴールデンタイムにしっかり寝ているのと寝てないのだと、今はそこまで違いがなくても、年齢を重ねると肌に大きく影響が出てくるので注意が必要です。

睡眠時間は一定させる事が大事!

化粧している時間も大事ですが、それよりは睡眠時間を一定させることの方が大事と言えると思います。

 

毎日ベッドに入る時間が異なるというのは、体内時計を乱すことなのでよくないです。

 

体内時計を乱してしまうと、成長ホルモンの分泌にも影響を与えるようになってしまいます。

 

美肌や体調を維持するためにも、できるだけ同じ時間に寝るように心掛けるようにしましょう。

 

平日に寝不足で、週末に寝貯めするような生活だと体調にも美肌にもよくないので注意していください。

美肌や美容に効果の高い質の高い睡眠を得る方法とは?

美肌や美容に効果の高い質の高い睡眠を得る方法画像

 

美肌や美容に効果の高い睡眠のゴールデンタイムに寝るだけでも良いですが、睡眠の質を高めることで、さらに美容や美肌に高い効果を得ることが可能です。

 

肌の修復をする成長ホルモンは睡眠に入ってはじめの大体3時間の間に分泌されてるので、この時間の睡眠が深くて良質な事が美肌には重要になってきます。

 

では具体的にどのようにして質の良い睡眠を得るようにすればいいのでしょうか?

質のいい睡眠は睡眠環境を整えることが重要!

まずやるべき事は、寝る環境を整えることになります。

 

特に近年では寝る直前までパソコンを見ていたり、スマホでメールを見ていたりして、脳が活発な状態で、ベッドに入って寝ようとしている人が少なくないようです。

 

スマホやパソコンから出ているブルーライトは睡眠のリズムを狂わせてしまうので注意しましょう。

 

こういう状態ではなかなか深い睡眠を得るのは難しいです。

寝る1時間前くらいから照明は暗くしておきましょう!

寝る前に照明を暗くしておくことで、メラトニンというホルモンが分泌されるようになり、睡眠の準備が始まるようになります。

 

外の明かりが気になるようなら遮光カーテンを使ったり、睡眠環境を邪魔されないように環境を作ることが大切です。

 

寝る前の1時間くらい前から照明を暗くするとの事ですが、その間は軽い本でも読むといいのかもしれませんね。

美容に効果的な7つの快眠のコツを紹介!

美容に効果的な7つの快眠のコツ

 

美容や美肌に睡眠が大事なのは知っているけど、どうすれば気持ちよく寝ることができるのか興味のある人も多いのではないでしょうか。

 

しっかりとコツを知っていると、それだけ効果的に睡眠を美肌に利用することが可能になります。

 

気持ちよい快眠を得るには7つのコツがあるのでよかったら参考にしてください。

寝る前の飲み物に気を使おう!

コーヒーや紅茶、緑茶にはカフェインが含まれています。カフェインは脳を刺激するので、寝る前に飲むのは控えるようにしましょう。

 

寝る前ならホットミルクハーブティーがお勧めです!

 

美容には飲みの選択は意外と重要な部分なので気をつけるといいかもしれないですね。

 

寝る前の飲み物選びについては下記が参考になるのでよかったらご覧ください。

 

参照:美容に効果的な飲み物の選び方

アロマオイルを活用する

リラックスするためにもアロマオイルを活用するのもいいと思います。

 

神経が高ぶってなかなか寝れないと思ったらこういったものを利用するのもいいと思います。

 

ちょっとした小道具ですが意外と効果があるので、快眠できてないと感じたら利用してみるのもいいと思います。

 

特にお勧めなのは、ラベンダーカモミールマンダリン等のオイルが眠気を誘う効果があるといわれています。

難しい内容の本を読む

人間の脳は安定を好むので、難しい物事に出会うと休む方向に働きます。

 

寝る前に難しい本で眠気を誘うというのはいい手だと思います。

 

適度に興味のない本を読むのがいいかもしれないですね。

 

ちなみに夢中になる本を読むと逆に目がさえるので注意が必要です。

ストレッチやヨガなどの軽い運動をする

息が上がらないくらいの軽い運動をして、体の体温を上げて、下がりだした所で、布団に入ると眠りやすくなります。

 

これについては何となく理解できるのではないでしょうか。やはり多少疲れているほうが寝やすいというのは実感している人も多いのではないでしょうか。

 

特にストレッチやヨガは手軽にできて適度に疲れるので結構良いのではないでしょうか。

 

ただ激しい運動は逆効果になりますのでほどほどにしておきましょう。

就寝1時間前から照明をダウンする

明るい照明が付いた部屋は、昼間と同じ状況になるので、眠気を催しにくくなります。

 

眠りを促すメラトニンは目に入る光の量が減ると分泌量が増えます

 

寝る前にはリラックスタイムとして照明を暗くするようにするといいと思います。

 

基本的には寝る前にはあまり刺激の強い光を目に入れないほうがいいということです。

 

スマホやパソコンなどをいじってからだと快眠することができないので注意しましょう。

下着などの締め付けを避ける

きつい下着やインナーをつけて寝ると、血行が悪くなって眠りを妨げてしまいます

 

できるだけリラックスできるようなゆったりした格好で寝るようにするといいと思います。

 

靴下も必ず脱ぐようにしましょう。

枕の高さは7cm前後がベスト

一般的には仰向けに寝た時に、正しく立った時と同じ首のカーブになるようにするのが体に合う枕になります。

 

女性の場合は7cm前後、後頭部にあたる部分が5cm前後の高さのものが理想です。

 

まあ、人によって心地よい枕の高さは違ってくるかもしれないですが、毎日使う寝具にはこだわった方がいいかもしれないですね。

 

寝具を変えるだけで劇的に睡眠環境が変わったりもするので、なかなか寝れないと感じているなら寝具を良いものに変えてみるのもいいと思います。

お試しトライアル化粧品ヘッダー
エイジングケアお試しトライアルセットランキング画像
ニキビケアお試しトライアルセットランキング
乾燥肌対策お試しトライアルセットランキング

 

日常生活からのスキンケア 日常生活からのスキンケア 睡眠からのスキンケア

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る