紫外線をメラニンで作りだして防ぐ基底層

化粧品のトライアルセットおすすめ比較ランキング.com

紫外線をメラニンで作りだして防ぐ基底層

読了までの目安時間:約3分

表皮細胞の中で肌細胞を作る工場として働いている「基低層」ですが、この基低層は肌のターンオーバーでも重要な役割を果たしています。

 

肌のターンオーバーの働きについてはこちらの「ターンオーバーの仕組み」からご覧ください。

 

肌細胞を作るために毛細血管から栄養分と酸素を供給されて、基低層にある「基低細胞」が必要に応じて細胞分裂をします。そこから表皮細胞が作られて、ターンオーバーのスタート地点になります。

 

またこの「基底層」は表皮の下の真皮細胞を守るという重要な働きもしています。

 

 

2013y12m12d_202906600

 

 

なぜ真皮細胞を守ることが重要なのかというと、表皮の場合はダメージを受けても肌のターンオーバーで元に戻すことができますが、真皮細胞にダメージを負ってしまうと、完全には元に戻らなくなってしまうからです。

 

その為、基底層の防御は非常に重要という事になります。

 

また基底層ではシミのもとになるメラニンの生成をするメラノサイトという細胞もあります。これは紫外線のダメージが真皮細胞に届かないようにカーテンのようにブロックする為にあります。

 

 

基低層が衰えるとシミができやすくなる

 

メラニンは肌を紫外線から守る役割があるのは有名ですが、このメラニンが原因でシミができてしまうというメカニズムはどうなっているのでしょうか?

 

加齢によって基底層の下の基低膜が衰えて弱くなってしまうと、メラニンがその下の真皮にまで落ちてしまう事があります。

 

真皮に落ちてしまったメラニンは頑固なシミとして残ってしまう事があります。若いころのように紫外線を浴びたとしても、若いころよりもシミができやすくなるというのはこういった原因があるのです。

 

よく化粧品やスキンケア用品の説明に「メラニンの生成を抑え~」という表現があるのはこういう理由があったのかという事がよく分かると思います。

 

他にもダイエットなどで、たんぱく質や栄養分が不足してしまうと、血行不良を起こして基底層の細胞にうまく酸素と栄養分が送れなくなってしまい、肌のターンオーバーの妨げになってしまいます。

 

肌トラブルや炎症を起こしてしまうと、基底膜が壊れる可能性があるので、できるだけ早く回復して真皮にダメージが及ばないように気をつけるようにしましょう。

 

お試しトライアル化粧品ヘッダー
エイジングケアお試しトライアルセットランキング画像
ニキビケアお試しトライアルセットランキング
乾燥肌対策お試しトライアルセットランキング

 

タグ :    

肌の基本情報

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る