化粧品のトライアルセット比較ランキング.com

化粧品のトライアルセットおすすめ比較ランキング.com

紫外線の肌への影響とは?紫外線による肌トラブルを知ろう!

読了までの目安時間:約13分
紫外線の肌への影響とは?紫外線による肌トラブルを知ろう画像

紫外線と聞くと何となく肌によくないと言うことはよくわかっている方が多いと思います。

 

しかし具体的に紫外線は肌の老化にどのような効果を与えているのでしょうか?

 

普段から紫外線を避けている人は多いですが、漠然と肌の老化やシミなどの原因になっていると言うことくらいしか知らない人が多いのではないでしょうか?

 

しっかりとした正しいスキンケアを行うためにも、肌の大敵である紫外線について正しい知識をしっかりと身につけるようにしましょう。

 

紫外線はシミやシワやたるみの原因

2014y03m05d_153215671

 

肌の老化で一番恐れるべきものは紫外線と言われています。

 

具体的には肌の老化の65%は紫外線によるもので「光老化」とも言われています。

 

肌は通常、日光を浴びると肌を守ろうとしてメラニン色素が作られてて、その後ターンオーバーによって排泄されていきます。

 

しかし繰り返し紫外線を浴びてしまうと、メラノサイトの数が増えてしまって、さらに表皮が厚くなるなどの変化が肌に起こって、シミができてしまうのです。

 

肌の老化の原因の一つにメラニンと紫外線の関係があるということがわかると思います。

 

また真皮にまで到達した紫外線の影響で肌のハリを保つコラーゲンが変性したり劣化したりして弾力が失われてしまいます。

 

肌のコラーゲンが減少してしまうと、肌の潤いがなくなって肌が乾燥するようになってしまいます、そしてそれが肌のたるみや、ほうれい線などのシワの原因になってしまいます。

 

紫外線は目から入ってもシミやシワになる?

sanngurasu普段から紫外線対策で肌を露出しないという人でも、紫外線は目からも入ってくるので、サングラスなどをしないと意味がないという話がありますが本当なのでしょうか?

 

肌に紫外線が当たるとシミやシワになるというのは納得できると思いますが、目への紫外線がどうしてシミやシワの原因になるのでしょうか?

 

紫外線が入ってきたという情報が目から脳に伝わると、脳は紫外線から身体を守るために、メラニンを作れというサイン出します。

 

そうするとメラノサイトが刺激されてメラニンが沢山作られてしまうということです。

 

確かにシミなどの原因がメラニンにあることを考えると、目からの刺激でメラニンが出来てそれがシミやシワの原因に繋がるというのは納得ですね。

 

さらに紫外線は目そのものにも老化の原因になります。紫外線によって白内障などが起こる可能性もあるので、紫外線の影響は意外と大きいものです。

 

紫外線の強い日は肌の露出を控えるだけでなく、帽子やサングラスで目も保護するようにして、紫外線が目から入るのを防ぐようにしましょう。

生活紫外線で知らない間にシミができる

生活紫外線で知らない間にシミができる画像

 

上記のように紫外線が肌トラブルになっているということを詳しく知っている人は、紫外線が強い日にはしっかりとケアしている人も多いですが、それ以外の日はどうでしょうか?

 

紫外線は夏に注意している人が多いですが、冬や曇りの日でも毎日紫外線は降り注いでいるのは今では常識といっていいと思います。

 

そもそも紫外線は熱もなく眩しくもないので、軽視しがちですが冬や曇りでもしっかりと対策する必要はあります。

また熱くもないし眩しくもないので、紫外線を浴びている実感がないとうのも大きな問題かもしれませんね。

生活紫外線でいつの間にか肌ダメージが蓄積される

生活紫外線は浴びている実感というのものがないので、ついつい油断して紫外線を浴びてしまっているケースが多いです。

 

普段の生活で浴びている紫外線が蓄積することによって、1年を通してすこしづつ浴びているとかなりの量になります。

 

こういった年間を通して少しづつ浴びている紫外線を生活紫外線と言います。

 

この生活紫外線の蓄積がシミの大きな原因になります。

 

具体的には外に洗濯物を干すときや、ゴミを出しに行くときや、近所に買い物に行ったときなど、こうしたちょっとしたことで浴びる紫外線もバカにはなりません。

 

ちなみに毎日二時間程度外出する主婦が晴天の一週間に浴びる生活紫外線の量は、真夏の海水浴で1時間浴びる量と同じくらいと言うデータもあります。

 

こうしてみると毎日のわずかな外出での紫外線の量もかなり肌のシミに影響があるということが分かるのではないでしょうか。

 

そのため、ちょっとしたわずかな紫外線の対策も日常的に行うことによってシミを防ぐことができる鍵になってきます。

紫外線対策はメラニンを抑えるだけでは不十分?

紫外線対策はメラニンを抑えるだけでは不十分画像

 

よく言われているのが紫外線を浴びるとメラニンが増えてシミの原因になるということです。

 

そのため肌のシミを何とか薄くしたいと思っている方は美白化粧品でケアしている方も多いのではないでしょうか。

 

ただ紫外線でのシミなどの肌トラブルについてはメラニン対策だけでは不十分です。

 

紫外線に当たると肌の中でメラニン色素が作られるようになります。

 

美白化粧品に配合されている美白成分にはこのメラニン色素の産生を抑える効果があります。

紫外線でメラニンが増えることだけがシミの原因ではない

紫外線からメラニンができてそれがシミになるのも、肌のシミ原因の一つですが、それだけではありません。

 

実は紫外線によって細胞のDNAが傷ついて、そのダメージが蓄積されて肌の構造そのものが変性してしまうのがシミの原因になります。

 

そのためメラニンを減らすだけではシミは薄くならないのです。

 

理由は上記のように美白化粧品では紫外線によって変性した肌の構造を完全に元に戻すことができないからです。

 

よく日焼けしてメラニンが増えたとしても、後で美白化粧品でケアしておけばいいと思っている人もいますが、上記を見ると不十分だと理解できると思います。

 

紫外線による肌のDNAの変性によるシミを抑えるためにも、普段からしっかりと紫外線対策を行って、肌をガードするようにしましょう。

紫外線には2種類ありダメージと効果が違う!

紫外線には2種類ありダメージと効果が違う画像

 

紫外線が肌によくないということはかなり良く知られていることです。

 

紫外線のダメージは毎日じわじわと積み重なっていき、肌に着実に蓄積されるように溜まっていきます。

 

そしてあるレベルに達した際にはシミなどの肌トラブルとして表面化するようになって急に目立ってくるのです。

 

いつの間にか知らず知らずのうちに蓄積されてしまう紫外線なので、問題が表面化する前にしっかりと紫外線種類について把握しておきましょう。

紫外線のダメージと種類について

太陽光エネルギーの割合について気になっているかたもいるのではないでしょうか。

 

太陽光そのものが紫外線と思っている方もいると思いますがそうではないです。

 

太陽光の50%は「可視光線」と呼ばれるもので、5%が紫外線、残りは赤外線になります。

 

可視光線はまぶしくて、紫外線は温かさや暑さを感じます。

 

しかし紫外線は熱さも眩しさも感じないので、紫外線を浴びても浴びているという実感はありません。

 

ちなみに紫外線にはA波(UV-A)とB波(UV-B)というものがあります。

 

下記からそれぞれどのような効果があるのがご覧ください。

 

A波(UV-A)について

 

A波(UV-A)はエネルギーは弱いですが、じわじわと肌の真皮にまで到達する紫外線になります。

 

A波(UV-A)は雲を通り抜けるので、曇りの日でも照射量が変わらないので、対策が難しい紫外線といえると思います。

B波(UV-B)について

 

B波(UV-B)はエネルギーが強くて、表皮に肌を赤くヒリヒリさせるような状態を起こしてしまいます。

 

しかし雲やガラスなどである程度さえぎることができるので、対策が可能な紫外線になります。

 

A波(UV-A)とB波(UV-B)どちらも紫外線も肌の老化を促進させるので、しっかりと紫外線をブロックして肌を守ることが大事になってきます。

紫外線は体にはある程度必要な物

紫外線は体にはある程度必要な物画像

 

肌トラブルの原因として有名な紫外線ですが、紫外線は骨の健康のためには浴びたほうがいいという話もあります。

 

紫外線はメラニンを生成して浴びすぎると肌のシミの原因になったり、肌トラブルの原因になったりします。

 

そんな紫外線ですがまったく浴びないのもまた健康には良くないという話があります。

 

では紫外線は具体的に体にはどのようないい効果が期待できるのでしょうか。

紫外線は丈夫な骨に必要なもの

紫外線は皮膚の中でビタミンDを作り出して、骨へのカルシウムの沈着を促す働きがあります。

 

そのため紫外線は丈夫な骨を作り出すには必要なものなのです。

 

しかしそのために必要な紫外線はごく微量になります。

 

具体的には両手のひらくらいの面積に、1日20分程度浴びればいいくらいと言われています。

 

そのため日焼け止めや化粧品を塗って紫外線対策をしても、完全に体をガードすることはできず、多少の紫外線を浴びたとしても骨の健康には都合がいいくらいの紫外線量になるということです。

 

骨では女性の場合は更年期になってくると骨粗鬆症になったりします。

 

骨粗鬆症の原因は日光やカルシウム不足というよりは女性ホルモンの減少と運動不足が原因といわれています。

 

骨の健康は若いうちからしっかりと対策をすることによって更年期になってその効果がしっかりとでてきます。

 

日焼け対策をしても十分に骨に必要な紫外線は得られるので、まずはしっかりと紫外線対策をして、よく運動をすることが美容と健康にはいいということです。

 

お試しトライアル化粧品ヘッダー
エイジングケアお試しトライアルセットランキング画像
ニキビケアお試しトライアルセットランキング
乾燥肌対策お試しトライアルセットランキング

 

化粧品の使い方と種類 肌トラブルの原因一覧 化粧品の使い方と種類 UVケア(日焼け止め) 肌トラブルの原因一覧 紫外線

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る