化粧品のトライアルセット比較ランキング.com

化粧品のトライアルセットおすすめ比較ランキング.com

正しい顔や肌の保湿の仕方とやり方を紹介

読了までの目安時間:約9分
正しい顔や肌の保湿の仕方とやり方を紹介

正しい肌の保湿の仕方や、顔の保湿のやり方について意外と間違った方法を行っている人も少なくないです。

 

正しい顔や肌の保湿の仕方とやり方について知らないと、乾燥肌を助長させる原因にも繋がってくるので、しっかりと正しい保湿の仕方について知っておく必要があります。

 

保湿方法を間違っていると、それだけ肌への負担が大きくなるので、顔のシワやほうれい線に繋がってくるので注意が必要です。

 

特に化粧水などについては意外と勘違いした方法で利用している人もいるのでその辺りの間違いやすい保湿の知識を指摘していこうと思います。

 

正しい保湿の意味を理解しよう!

正しい保湿の意味画像

 

肌の保湿と言えば、化粧水を使えばいいと思っている方がいると思いますが、それだけでは不十分です。

 

もちろん間違いではありませんが、水そのものを与えても蒸発してしまうので保湿にはならないのです。

 

ただ化粧水だけでなく、蒸発しないように乳液でフタをして蒸発を防ごうとするかもいますが、それも間違いです。

乳液などの油分で蒸発を防ごうとしても、実は油分の保湿力はさほど高くはないのです。

 

しっかりとした本当の保湿とは、体の外から水分を取り入れるのではなく、体の内側から湧き出る水分を肌の中で保つようサポートする事が、本当の保湿になります。

間違った保湿方法している人は意外と多い

間違った保湿方法している人は意外と多い画像

 

肌には元々は自分から保湿物質を作り出して角質に水分を蓄えておく力があります。

 

この働きを助けるような保湿成分を取り入れることが乾燥肌などから脱出する一番の方法です。

 

よく言われている水分をがっちとり挟み込むような性質を持っている「セラミド」は肌の保湿対策には非常に有用な成分だと言えるので試してみる価値はあります。

 

あなたが正しいと思っている保湿方法が本当に正しいのか、一度確認するといいと思います。

 

皮膚科学的に間違っている保湿の仕方

    • 肌がカサつく時は化粧水をたっぷりとつける
    • 化粧水はシートマスクで肌にじっくり浸透させるべし
    • 化粧水が蒸発しないように油分でフタをする
    • テカり、ニキビ肌なので保湿は省略している
    • 肌の潤いを逃さないように洗顔料はしっとりタイプを選ぶ

 

上記のような保湿方法をしている方は間違った保湿方法をしているという事になります。

 

多くの女性は正しいと思いながら実践していますが、もしあなたが上記のような間違った保湿方法を行っているなら、この機会に改めるといいと思います。

化粧水で保湿をするという仕方は間違ったやり方なのか?

化粧水で保湿をするという仕方画像

 

よく言われているのは、肌にうるおいを持たせたいなら、化粧水でしっかりとケアをする必要があるという事です。

 

しかし実際にはそれは間違いという事が言われ始めています。

 

そもそも化粧水の構成成分のほどんどは水分でできています。しかしその水分は肌の奥まではなかなか入っていかないのです。

 

ではなぜ肌の奥まで入っていかないのでしょうか?

肌の角質が化粧水の浸透を邪魔している

肌には角質のバリア機能があるので、肌の奥まで水分を通さないのです。

 

水分が浸透するにしても、角質の一部くらいまでです。

 

こういう状態ではすぐに水分が蒸発してしまうので、保湿の為に水分をキープしようとしても無理な話です。

 

こういった事情を知っている人は、シートマスクを使って肌に浸透させて、蒸発を防ごうとする方もいますが、これも保湿としての役割を果たすには不十分と言えます。

化粧水の保湿効果は一時的なもの

化粧水は水分なので、肌に濡らすと潤ったように感じます。しかし一時的に潤ったように感じてもしばらくするとすぐに乾いてしまいますよね。

 

つまり水分が蒸発してしまっているという事ですね。

 

この時に注意しなければならないのは、肌に濡らした化粧水が蒸発する際に、化粧水の水分だけが蒸発していると思っているかたもいるかもしれませんが、蒸発するときに肌の水分も一緒に奪っているという事を知っておいた方がいいです。

 

化粧水は付けたすぐ後は潤っているように感じますが、乾く時に肌の水分も一緒に持っていきます。

 

そしてまた化粧水で潤わそうとする悪循環に陥りかねません。この点をしっかりと注意するようにしましょう。

 

ではどのようにして正しい保湿の仕方をすればいいのでしょうか?

保湿のために乳液で蓋をするという考えは正しいの?

保湿のために乳液で蓋をするという考え画像

 

よく油分は水をはじくといいますよね。そういった事を知っている人は保湿の為に乳液を使って肌にフタをする方がいます。

 

しかし、乳液を使ってフタをしても、セラミド等の水分を保持する成分がすくなければ結果的には乾いてしまいます。

 

そもそも水分保持力のない油分を塗ったとしても、その間を通って水分は蒸発してしまうからにほかなりません。

 

そもそも乳液でフタをするという事ですが、乳液の成分はご存知でしょうか?

 

乳液は5割から7割の水分と1割から2割くらいの油分で構成されています。つまり乳液自体も水分量が多く油分はたったの1割から2割程度なのです。

 

これでは水分の蒸発を防ぐには不十分ですよね。

 

またこういった事から保湿をするのに化粧水を主体におこなうというのもどうなのかと考えさせられますよね。

 

化粧水の構成成分のほとんどは水なので、水そのものを与えても蒸発してしまうので、保湿の役割をしているとは言いがたいです。

乳液は水分を保持にまったく効果はないのか?

乳液は水分を保持にまったく効果はないのか画像

 

上記を見ると乳液には保湿効果がまったくないように感じますが、実際にはそうでもないです。

 

セラミド等の水分を保持できる保湿成分の入っている乳液を使うなら話は変わってきます。

 

乳液でフタをするという働きに期待するのではなく、セラミドに水分を保持する働きがあるからです。

 

そういった理由から乳液を購入するなら、セラミド等の保湿成分が配合されているものを選ぶのがベストだと思います。

 

また乳液自体も肌を柔らかくするする効果と、滑らかにする効果があるので、他の化粧品と組み合わせながら使うのがいいとおもいます。

 

大事なのはしっかりと保湿成分のあるものを選ぶようにすると言うことが大事になってくるということです。

 

現在は優秀な化粧品が色々と販売されてきているので探せば自分の肌に合った保湿に最適な商品が見つかると思います。

 

当サイトでは化粧品のトライアルセットなどを紹介しているので、保湿効果の高い商品を無料や安い価格でためして見てはどうでしょうか。

 

サンプルのお試し化粧品なので気軽に自分の保湿に効果があるのか確かめることができるので、乾燥肌やシワやほうれい線で悩んでいるなら試してみるといいと思います。

お試しトライアル化粧品ヘッダー
エイジングケアお試しトライアルセットランキング画像
ニキビケアお試しトライアルセットランキング
乾燥肌対策お試しトライアルセットランキング

 

肌の基本情報 肌の基本情報 保湿の仕組みと情報

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る