化粧品のトライアルセット比較ランキング.com

化粧品のトライアルセットおすすめ比較ランキング.com

日焼け止めクリームの選び方と成分を徹底解説

読了までの目安時間:約15分
日焼け止めクリームの選び方と成分画像

日焼け止めクリームなどの日焼け止め化粧品の選び方についてしっかりと理解していますか?

 

何となくで日焼け止めクリームなどを選んでいる人も少なくないと思いますが、紫外線対策はスキンケア対策では非常に重要な部分なのでしっかりと理解しておくといいと思います。

 

日焼け止め化粧品などを使わずに、紫外線対策を怠るとシミやシワの原因になっているので、日焼け止めクリームなどの選び方は非常に重要な部分になってきます。

 

紫外線対策の目的について知ろう!

紫外線対策の目的画像

 

UVとは何なのでしょうか?UVとは「紫外線」の略称になっており、UVケアとは紫外線ケアとも言いかえる事ができます。

 

紫外線が肌の大敵だという事は一般的にも有名な事ですが、しっかりと対策できてない人が結構いるのが現状です。

 

それは紫外線の恐怖がしっかりと理解的できてないからだと思います。

 

まずは紫外線の恐怖とUVケアの目的について紹介しようと思います。

 

紫外線対策の目的が分かれば、日焼け止めクリームなどの選び方の重要性なども理解できるのではないでしょうか。

紫外線は肌の老化を早める

肌は紫外線を浴びると、メラニン色素を作って肌を守ろうとします。

 

しかしメラニン色素でも追いつかないくらいの紫外線を浴びてしまうと、肌にシミができてしまいます。

 

また紫外線が肌の真皮まで到達してしまうと、肌の弾力を保っているコラーゲンも傷付けてしまいます。そうなるとシワができてしまいます。

 

紫外線自体は暑さやまぶしさといった事がないので、どれくらい自分が浴びているのかよくわかりません。

 

紫外線を浴びているという実感がない人が多いので、UVケアを疎かにしがちになってしまうのです。

 

ただこういった紫外線のダメージは日々蓄積されていきます。そしてある日、急に症状が表に出てくるのです。

 

肌の老化を確実に促進させ、進行させているのが紫外線になります。

 

この紫外線対策いわゆるUVケアをきちんとしているか、してないかで、数年後の肌が大きく変わってきます。

 

未来の肌のためにもしっかりとUVケアはしておくようにしましょう。

紫外線の肌へのダメージは天気や状況が変化しても発生する

紫外線の肌へのダメージは天気や状況が変化しても発生する画像

 

日焼けと紫外線が肌に良くないという事はよく分かっていると思いますが、意外な状況でも紫外線や日焼けの可能性はあります。

 

紫外線は陽が降り注いでいる状況だけでなく、肌寒い曇りの日や、短時間の外出でも、浴びているという状況があります。

 

これから下記で紹介するようなシーンでもしっかりと日焼けや紫外線対策は必要になってきます。

 

意外と盲点な部分もあるので是非参考にしてください。

曇っていても紫外線には注意!

天気が曇っていれば紫外線は届かないと思っている方も多いようですが、実際には紫外線は雲を通過して地上に届きます

 

たとえ曇っていてもしっかりと紫外線対策をしないと肌にダメージを与えてしまいます。

日陰にいても紫外線には注意!

紫外線は日陰にいれば大丈夫だと思っているかたも多いと思いますが、紫外線には地表に真っ直ぐに届く「直射光」と、空気中に四方八方に広がって地表に届く「散乱光」があります。

 

日陰にいても「散乱光」を浴びるので、紫外線対策は必要になります。

涼しい日でも紫外線には注意!

季節的にもまだ涼しい春先から紫外線は増えていきます。

 

ちなみに山の上や高原などの標高が高い所では紫外線の量は多くなるので、標高の高い所に行く場合には、しっかりとした紫外線対策が必須だと思います。

長袖を着ていても紫外線には注意!

紫外線対策で長袖の服を着ていても普通に紫外線は通ってしまいます。

 

気がつかない間に日焼けをしていて、ムラになっているケースもあったります。

 

長袖で紫外線対策をするならUV加工を施された洋服を着るようにするといいと思います。

部屋の中にいても紫外線には注意!

家の中にいれば紫外線は問題ないと思っているかたもいるかもしれませんが、実際はそうではありません。

 

紫外線A波はガラスを通過するので、部屋の中や車の中、電車の中にいても紫外線を浴びてしまいます。

短時間の外出でも紫外線には注意!

ちょっとコンビニに買い物に行ったり、洗濯物を干したりする場合でも紫外線のダメージは受けてしまいます。

 

そんな小さい紫外線のダメージでも蓄積されると大きなダメージになってしまうので注意が必要になります。

 

こういった紫外線対策をするためにも日焼け止めクリームなどの日焼け止め化粧品の選び方が大事になってきます。

日焼け止めクリーム等の化粧品の成分を知ろう!

日焼け止めクリーム等の化粧品の成分画像

 

化粧品や日焼け止め用品を購入する際に、どんなものがいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

 

具体的にどのような成分が日焼け止めに効果があるのか知っておくと、夏場のUVケアもやりやすくなるのではないでしょうか。

 

また日焼け止め効果のある化粧下地についても下記では紹介しているので参考にしてください。

 

日焼け止め効果のある成分は大きく2つに分けることができると思います。下記にその二つを紹介しています。

紫外線吸収剤

紫外線を吸収する化学物質の事をいいます。

 

紫外線の影響を和らげる効果があり、紫外線を吸収すると肌の上で化学変化を起こします。

 

紫外線吸収剤には紫外線A波吸収剤と、紫外線B波吸収剤があります。

 

それぞれの代表的な成分は下記になります。

 

紫外線A波吸収剤

 

⇒パルソールA、メギゾリルSXなどが代表的な成分になります。

 

紫外線B波吸収剤

 

⇒桂皮酸、オキシベンゾンなどが代表的な成分になります。

 

あまり馴染みのない成分だと思いますが、日焼け止めクリーム等の成分表を見ると載っているので、そこで判断すれば問題ないと思います。

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤は肌の上で紫外線を反射させる成分になります。

 

金属を酸化させた粉体や細かい粘土質の粉などが使われてます。

 

紫外線散乱剤

 

⇒酸化チタン、酸化亜鉛、酸化セリウム、カオリン、タルクなどが代表的な成分になります。

 

こういった感じで普段意識してないような成分が実は紫外線対策の効果があるということをここで知った人も多いのではないでしょうか。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤はどっちがいいの?

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤はどっちがいい画像

 

日焼け止めに効果的な成分については分かりましたが、化粧下地に日焼け止め効果を加えたい場合は、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤のどちらがいいのでしょうか?

 

結論からいう紫外線吸収剤の方になります!

 

紫外線散乱剤の方は化粧下地として使うと白っぽくなりやすいので下地には不向きだからです。

 

ただ紫外線吸収剤の商品を毎日肌に塗るのは、肌の健康上はどうかなという感じがしますね。

 

敏感肌の人には紫外線吸収剤の方が刺激が強いので注意しましょう。

 

できれば紫外線の強い日に絞って使っていった方がいいかもしれませんね!

 

こうした紫外線対策の成分を踏まえて、どんな日焼け止めクリーム等の化粧品を選んでいけばいいのでしょうか?

日焼け止めクリーム等の化粧品の選び方とは?

日焼け止めクリーム等の化粧品の選び方画像

 

ここ数年は非常に暑くて紫外線が強いので、しっかりとした紫外線対策が必要になってきます。

 

最近では夏の紫外線による肌ダメージが深刻で、「夏老け」という言葉まで出てきているほどです。

 

そんな紫外線にはしっかりとしたUVケアが必要になってきます。では具体的にどのような日焼け止め化粧品がいいのでしょうか?

 

UVケア用の化粧品を選ぶ際には大きく分けて3つのポイントがあります。

 

具体的には「SPFとPA」、「紫外線吸収剤」、「日焼け止め化粧品のおすすめの種類」について載せています。

 

まずは日焼け止めクリーム等の化粧品によく書かれている「SPFとPA」について下記で載せています。

日焼け止めクリームの紫外線カットを示すSPFとPA

日焼け止めクリームの紫外線カットを示すSPFとPA画像

 

日焼け止めの化粧品の表示には、紫外線A波のカット効果を示す「PA」と、紫外線B波のカット効果を示す「SPF」があります。

 

日焼け止め化粧品を購入する際には「SPF」と「PA」をチェックするようにしましょう。

 

この「SPF」と「PA」の指数が高い商品やウォータープルーフのものは効果が高いですが、それだけ肌への負担は大きくなります。

 

「SPF」と「PA」の指数が高いものは、紫外線が強い日や、アウトドアをする時に使用するといいと思います。

 

ちなみに「SPF」と「PA」とはどのようなものなのでしょうか?

SPFとは?

SPFは紫外線で赤くなってヒリヒリする日焼けの症状のサンバーンを防御する力のことをいいます。

 

何も塗らない状態と比べて、サンバーンを起こすまでの時間を何分に伸ばせるかの目安になっています。

 

通常は夏の紫外線を浴びた場合にサンバーンを起こす時間は20分くらいだと言われています。

 

例えばSPF30という商品の場合だと、20分の30倍の時間、つまり20×30で600分まで伸ばせるという意味になります。

 

ちなみにこの値は説明書にある規定の量を塗った場合になります。

PAとは?

PAは紫外線の肌へのダメージと老化への防御する力を示したものになります。

 

見方は簡単で、3段階で生じされており、「+」がやや効果あり。「++」が効果あり。「+++」が非常に効果があるという感じで分けられています。

敏感肌や肌が弱い人は紫外線吸収剤フリーを使おう

敏感肌や肌が弱い人は紫外線吸収剤フリーを使おう画像

 

肌が弱い人や敏感肌の人の場合、日焼け止め化粧品の中に入っている「紫外線吸収剤」が肌へ大きな刺激を与えてしまう可能性が高いです。

 

そういう方の場合は紫外線吸収剤を含まないものを選ぶといいと思います。

 

具体的には「紫外線吸収剤不使用」、「紫外線吸収剤フリー」、「ノンケミカル」と表示されているものを使うといいと思います。

 

どういうことかというと、日焼け止めの成分には「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。

 

紫外線吸収剤の場合は、肌の腕化学反応を起こしてしまうので、刺激が強く肌荒れの原因になってしまいます。

 

そのため紫外線散乱剤のほうが肌へのかぶれは少ないですが、酸化チタンなどの金属の粉を含んでいるので、若干ですが乾燥しやすくなってしまいます。

日焼け止め化粧品はクリームや乳液タイプがいい!

日焼け止めを選ぶ際に、使い勝手の良さからローションタイプやスプレー、ジェルタイプ等を選ぶ方が多いですが、ほとんどの商品が紫外線吸収剤で出てきているケースが多いです。

 

肌への刺激が少なく、安心して使える紫外線吸収剤が入ってないノンケミカルの商品は、クリームや乳液タイプの商品が多いようです。

 

とりあえずは上記のようなことを踏まえて、紫外線対策に効果的な日焼け止めクリーム等の化粧品選びを行ってみるといいと思います。

 

また当サイトでは化粧品のお試しのトライアルセットなどを紹介しているので、自分に合う化粧品を探しているなら参考にしてはどうでしょうか。

お試しトライアル化粧品ヘッダー
エイジングケアお試しトライアルセットランキング画像
ニキビケアお試しトライアルセットランキング
乾燥肌対策お試しトライアルセットランキング

 

化粧品の使い方と種類 化粧品の使い方と種類 UVケア(日焼け止め)

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る