化粧品のトライアルセット比較ランキング.com

化粧品のトライアルセットおすすめ比較ランキング.com

日焼け止めクリームの使い方と効果的なUVケア方法

読了までの目安時間:約13分
日焼け止めクリームの使い方と効果的なUVケア方法

日焼け止め化粧品の具体的な使い方については興味のある方も多いのではないでしょうか?

 

紫外線による肌のシミなどについては気にしている人も多いと思います。

 

実際に多くの人が日焼け止めクリームなどのUVケア商品を利用した経験があると思いますが、何となくで利用している人も多いと思います。

 

しかしちょっとした事を意識するだけで、日焼け止めクリームの効果を引き出すことができるので、是非参考にしてみてください。

 

基本的なことですが、まずは日焼け止めクリームを塗る量についてしっかりと理解しておきましょう。

 

日焼け止めクリームを塗る量を知ろう!

日焼け止めクリームを塗る量画像

 

日焼け止めクリームはベタ付くからあまり量を塗りたくないと思っている方も多いのではないでしょうか?

 

日焼け止めクリームの効果は塗る量によって、当然変わってきます。塗る量が少ない場合は効果も下がります

 

具体的には、SPF値が20の日焼け止めを使っても、量が少ない場合はSPF値10程度の効果しか得られない場合もあります。

 

日焼け止めの効果を示すSPF値の場合は、実際に人間の皮膚を使って測定しています。

 

その際に使用されている量は皮膚1平方センチあたり日焼け止めクリーム2mgになります。

 

つまり日焼け止めクリームに表示されているSPF値というのはそれぐらいの量を使った場合に出る数値になっているのです。

 

製品に表示されている効果を得るためには皮膚1平方センチあたり日焼け止めクリーム2mgという基準を守って利用することが大事ということになります。

 

そしてムラなく塗って肌に隙間を作らないようにすることが大事になります。

 

次は具体的にどのように日焼け止めクリームを使っていくといいのか説明しています。

日焼け止めクリームの使い方の流れ

日焼け止めクリームの使い方の流れ画像

 

UVケアをする際には日焼け止め化粧品を真っ先に思い浮かべる人も多いと思いますが、過信するのは禁物です。

 

下記のようなポイントをしっかりと守らないと有効な効果を得ることが出来ない可能性があります。

 

①適量の日焼け止め化粧品を手に取る

 

まずは適量の日焼け止め化粧品を手に取る所からになります。説明書に従って規定量を塗るようにします。その際にはしっかりと使用量を守るようにしましょう。

 

ベタ付くからと言って量が少ないとUVカット効果が少なくなってしまうので、十分な日焼け止め対策ができなくなってしまいます。

 

具体的な目安としては乳液タイプの日焼け止めの場合は500円玉くらいの大きさで、クリームタイプの日焼け止めの場合はパール粒2個分くらいの大きさがいいと言われています。

 

②顔全体にムラがないように塗るようにする

 

塗る際には中指や薬指を使ってムラがないように、顔全体に丁寧に塗っていくようにします。

 

顔全体に塗ったら、日焼けしやすくシミになりやすい部分である頬骨辺りに重ね付けするのがポイントになります。

 

普段から日焼けが気になる場所があるようなら少し厚めに塗るようにするといいかもしれないですね。

 

過去にシミができてしまったという場所があったらそういった部分にを重点的にケアするといいかもしれないですね。

③パウダーファンデーションを重ねる

 

さらに紫外線カット効果を強くするために、パウダーファンデーションを重ね付けするようにします。

 

季節に関係なく、通勤や通学などで外を歩く時間が2時間未満の場合はパウダーファンデーションだけでも問題ないです。

 

汗や皮脂で崩れてきたらパウダーファンデーションを重ね塗りするようにするといいです。

 

上記のような流れでUVケア化粧品(日焼け止め化粧品)を使っていくといいと思います。

 

簡単に書きましたが、慣れてくると意識しなくてもできるようになるので、しっかりと実践していましょう。

 

特に規定量よりも少なく塗ってしまっている人が多いようなので注意が必要です。

 

実際に日焼け止め化粧品をしっかりと塗っていたのに40代になって大量のシミが発生してしまったという人もいるようです。

日焼け止めクリームはシミができやすい部分に厚めに塗る!

上記の日焼け止めクリームの塗り方で大事なのはシミのできやすい部分に厚めに塗るということです。

 

これを意識するだけでも将来シミができにくい肌に近づくので結構大事なポイントになります。

 

日焼け止め化粧品はやはりベタ付くので量を塗るのを嫌がる人は多いと思います。

 

しかしある程度は塗らないと効果を発揮することは難しいです。

 

頬骨あたりは紫外線によるシミができやすい部分なので、このあたりを薄塗りしているようだと日焼け止めクリームによるシミ対策が不十分になるので注意しましょう。

日焼け止め効果を高める裏ワザ!

日焼け止め効果を高める裏ワザ画像

 

日焼け止めには日焼け止め化粧品を塗るというのはよく分かっていると思いますが、ある方法でさらに効果を高められるのをご存知でしょうか。

 

知っている人は知っているかもしれませんが、知らない人は損をしているので紹介しようと思います。

 

紫外線はメラニンの生産を過剰にするだけでなく、活性酸素を増やして細胞の老化を早める効果があります。

 

また真皮にまで進入してコラーゲンを破壊したりして、肌全体の老化を促します。

 

このような紫外線から確実に肌を守る方法として日焼け止めクリームを利用しますが、その効果を高めるにはファンデーションの利用が効果的です!

 

上記の日焼け止めクリームの使い方でも記載していますが、クリームを塗っただけではなくパウダーファンデーションを利用するのがポイントになります。

日焼け止めクリームの上にパウダーファンデーション

紫外線をより効果的にカットしようと思うなら、日焼け止めクリームの上にパウダーファンデーションを重ねると効果的です。

 

何でファンデーションを重ねるといいのかというと、ファンデーションの色粉は紫外線散乱剤と似ているからです。

 

パウダーファンデーションの場合は、日焼け止め効果を記載していない商品でも、UVカット効果があるといわれています。

 

キッドタイプやクリームタイプのファンデーションではダメなの?

 

リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションの場合だと、肌荒れや肌トラブルの原因になる界面活性剤を多く含んでいる場合があるのでお勧めはしません。

 

また日焼け止め効果があるファンデーションの場合だと、肌負担が大きい紫外線吸収剤を含んでいる物があるので、あえて普通のパウダータイプのファンデーションを使う事をオススメします。

日焼け止めクリームだけではUVケアは不足

意外に思うかもしれませんが、日焼け止め化粧品だけを塗る場合と、パウダーファンデーションだけを塗る場合とでは、パウダーファンデーションを塗るだけの場合の方がシミになりにくいようです。

 

日焼け止めクリームだけを塗っている人はシミができやすいみたいです。

 

おそらくベタ付くのを嫌がって、塗る量が少なすぎる人が多いのかもしれません。

 

日焼け止めクリームだけでUVケアをする場合は、しっかりと日焼け止めクリームを塗るようにしてください。

日焼け止めクリームやUVケアの間違ったやり方とは

日焼け止めクリームやUVケアの間違ったやり方画像

 

UVケアをする際の日焼け止め化粧品を使うときの、やってはいけない注意点について説明しています。

 

意外とやってしまいがちな事なので、しっかりと内容を押さえておくといいと思います。

 

これをしっかりと守っておくだけでも、日焼け止めクリームの効果を引き出すことが可能になります。

日焼け止め化粧品の使用量が少ない

日焼け止めクリームの記載されている効果というのはしっかりと適量を塗った場合の効果表記になっているので、塗る量が少ないと、十分な効果を得ることはできません。

 

また使用量が少ないと、顔全体に均一に塗ることができないので、ムラができてしまう可能性もあり、十分なUVケアができない可能性もあります。

 

日焼け止めクリームをチビチビと使いたい気持ちはわからなくはないですが、せっかく使うのに有効な効果が得られないと意味がないので、しっかりと規定量を守って使用するようにしましょう。

メイクが崩れたまま直さない

パウダーファンデーションが日焼け止めに効果的だという事は前に説明しましたが、メイクが崩れているということは、UVケアも崩れているという事になります。

 

そのままメイクが崩れたままにしていると、崩れた部分から紫外線のダメージを受けてしまう可能性があります。

 

せっかくパウダーファンデーションまで使って紫外線対策したのに、メイクが崩れていたら意味がないので、気づいたらなおすようにするといいです。

 

パウダーファンデーションならそこまでメイク直しにも手間はかからないと思うので意識しておくといいです。

肌の調子が良くない場合の紫外線対策の方法

肌の調子が良くない場合の紫外線対策の方法画像

 

肌の状態があまり良くない場合はパウダーファンデーションではなく、さらに肌に低刺激な「ルースパウダー(粉おしろい)」を使用するといいと思います。

 

サラサラしていて、肌になじみやすく低刺激なので肌の調子が良くない場合には最適だと思います。

 

日常生活での日焼け止め化粧品を選ぶ目安

SPF20 PA++

 

上記が日常生活レベルでの日焼け止め化粧品の目安になります。

 

SPF20というのは肌が紫外線で赤くなってヒリヒリするまでの時間を20倍にのばすという意味になります。

 

ちなみに上記の基準は外出が2時間以上の場合の基準になっています。

 

当サイトではこういった美容などの化粧品のトライアルセットについて載せているので、効果的な化粧品や安く探しているなら参考にしてください。

 

お試しサンプル化粧品を出している所は、それだけ商品に自信があるところが多いのでハズレが少ないです。

 

お試しトライアル化粧品ヘッダー
エイジングケアお試しトライアルセットランキング画像
ニキビケアお試しトライアルセットランキング
乾燥肌対策お試しトライアルセットランキング

 

化粧品の使い方と種類 化粧品の使い方と種類 UVケア(日焼け止め)

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る