化粧品のトライアルセット比較ランキング.com

化粧品のトライアルセットおすすめ比較ランキング.com

ムダ毛処理で女性が自宅で簡単にできるオススメの方法を徹底解説

読了までの目安時間:約11分
ムダ毛処理で女性が自宅で簡単にできるオススメの方法を徹底解説画像

ムダ毛処理の方法については色々な方法がありますが、あたなはどのようなムダ毛処理の方法を行っていますか?

 

処理方法だと基本的には剃るか抜くかに分かれると思います。

 

あなたはどちらですか?またこの両方の方法では肌に与える影響はどのようなものになるのでしょうか?

 

肌の露出が増える季節になると、わきや手脚などのムダ毛が気になってきますよね。

 

女性の場合は伸ばしたままにしておくわけにはいかないので、ムダ毛処理はやむをえないですが、知っておいたほうがいいことがあります。

 

ムダ毛処理にはデメリットがあることを知っておこう!

ムダ毛処理のデメリット

 

ムダ毛処理は女性には必要なことではありますが、肌に負担をかけてしまうのはどうしようもないことです。

 

特にカミソリなどでムダ毛を剃るよりも、ムダ毛を抜くほうが肌へのダメージは大きくなります

 

ムダ毛を抜くという方法は、皮膚の一部をちぎるということなのを知っておきましょう。

 

ムダ毛は毛根にある毛母細胞の分裂によって成長します。

 

毛母細胞は周りにある血管から酸素や栄養をもらって細胞分裂を繰り返します。

 

毛根自体は生きているので、毛を抜くとこの生きた組織を引き裂くことになるので当然痛みが伴ってきます。

 

つまりムダ毛処理で、毛を抜いていると、毛穴が炎症を起こしてしまい、膿んだり炎症のあとがシミになってしまったり色々な肌トラブルの原因になります。

自宅で可能なムダ毛処理方法の注意点を徹底解説

自宅で可能なムダ毛処理方法の注意点を徹底解説画像

 

ムダ毛処理では毛を抜くという方法で処理している人もいると思いますが、抜くという処理では注意が必要になります。

 

具体的な方法としては毛抜きで抜いたり、テープを使ったり、ワックスや家庭用脱毛器を使っている人もいると思います。

 

下記でムダ毛処理の方法について、それぞれの注意点を載せているので、自分が当てはまるムダ毛処理について、しっかりと注意点を理解して肌に負担が少ないように処理するようにしましょう。

毛抜きで毛を抜く

毛抜きを使って1本ずつ毛を抜くという方法になります。

 

これは手間がかかるだけでなく、トラブルが起きやすいので止めたほうがいいです。

 

ワキをずっと毛抜きで抜いていると、皮膚が硬くなってつれたようになることもあります。

 

さらに皮膚の下に埋もれた「埋没毛」ができ、そこから毛嚢炎という皮膚トラブルが起こる可能性があります。

テープでのムダ毛処理

除毛したい部分に粘着力のある専用テープを貼って剥がして毛を取るという方法になります。

 

一度に毛が沢山抜けるという手軽さはありますが、その分肌へのダメージは大きいです。

 

さらにワックスとは違って、角質も一緒にはがしてしまうことが多いので、肌の弱い人はすぐに止めたほうがいいと思います。

ワックスでのムダ毛処理

温めたワックスを皮膚に塗って、冷えて固まったら剥がすと言う除毛方法になります。

 

皮膚が温められるため、毛抜きやテープよりは若干肌への負担が少ないのが特徴です。

 

さらにパラフィンパックと同じ原理で、除毛後に肌がしっとりとする保湿効果もあります。

 

ただ、どのようなワックスを選ぶかもポイントになってくるので、できるだけ刺激が少ないような商品を選ぶのがポイントになってきます。

家庭用脱毛器でのムダ毛処理

家庭用脱毛器の場合は、皮膚を温めたり、周りの皮膚を押さえたりしながら抜くので、毛抜きよりは肌への負担が少ないです。

 

ただ抜くことに変わりはないので肌への負担やトラブルも多いです。

 

よく永久脱毛を謳っている家庭用脱毛気もありますが、抜いている限りはまた生えてくるというのは理解しましょう。

 

ちなみに「レーザー照射で永久脱毛」という商品も出回っていますが、そもそもレーザーは医療機関でしか扱えないことになっているので、家庭用で販売されることはないです。

 

基本的に家庭用脱毛器で「永久脱毛」をうたっている場合は危ないので購入しないようにしましょう。

電気カミソリでのムダ毛処理

電気カミソリの場合だと、穴の中に毛を引き込みながらカットしていくので、深剃りができるのが特徴になります。

 

ただその分、皮膚まで一緒に切ってしまう可能性があります。

 

そのため、その傷口からかゆみが出たり、シミになったりすることもあります。

 

電気カミソリは悪い方法ではないですが、利用する際には注意しながら使用するようにしましょう。

安全カミソリでのムダ毛処理

T字型の安全カミソリの場合には、自分で細かい手加減がしやすいのが特徴になります。

 

人によっては毛穴が鳥肌のようにボツボツと立っている場合があるので、こういった人の場合だと深剃りの電気カミソリだと肌を傷つけやすくなるので、こっちのほうが肌にはいいです。

 

ただ安全カミソリだと、剃った後に肌が乾燥してかゆくなることがあるので、保湿を考えたほうがいいと思います。

 

ムダ毛処理の後にしっかりと肌ケアを行うことができれば、一番無難な方法なのかなという感じがします。

ムダ毛処理の事前準備とアフターケアの方法

ムダ毛処理の事前準備とアフターケアの方法画像

 

女性ならムダ毛処理は誰でもやっていることだと思います。

 

そこで剃る場合でも抜くという場合でも、共通して行うといい自宅でできるムダ毛処理で肌のダメージを抑えるための方法を説明しています。

 

ムダ毛処理の事前準備とアフターケアの方法を知っているだけでも、かなり肌への負担を抑えることができ、肌トラブルを予防することが可能になります。

 

難しい方法ではないので、下記のやり方で準備とケアを行いましょう。

ムダ毛処理の準備とアフターケアの流れ

ムダ毛処理は誰でも行うもので、頻繁に行うものなのでしっかりとした正しい方法で、できるだけ肌への負担を少なくして行うことが大事になります。

 

  • 皮膚を清潔にしてから行おう!
  •  

    除毛する前にはその部分の皮膚を清潔にするのが基本になります。

     

    除毛するとどうしても皮膚に傷がついてしまいます。

     

    皮膚を清潔にしておかないと、傷から雑菌が入ってしまうおそれがあります。

     

    そのため石けんで丁寧に洗うようにしましょう。

     

  • 皮膚を温める!
  •  

    皮膚や毛は温度が高くなると硬くなってしまって処理しにくくなります。

     

    除毛する部位の皮膚を温めておくことは結構大事になってきます。

     

    具体的にはお風呂上りに温まっているタイミングか、蒸しタオルをあててから行うことがいいです。

     

  • ムダ毛処理後はクールダウンしよう!
  •  

    除毛した部位に水で冷やしたタオルなどをあてるようにするといいと思います。

     

    タオルをあてて冷やすようにします。

     

    除毛部分を冷やすことによって、除毛による炎症を抑えることが可能になります。

     

  • 体調が悪い場合には控えよう!
  •  

    風邪気味や生理前、寝不足などで体調が良くないという場合には、皮膚の免疫力が低下しています。

     

    こういった状態のときに除毛すると、肌トラブルを起こしやすく、傷の治りも悪くなってしまいます

     

    そのため体調が悪い場合には控えるようにしましょう。

    一番肌に優しいムダ毛処理の方法とは?

    一番肌に優しいムダ毛処理の方法画像

     

    自宅でできるムダ毛処理の方法では上記のように行うのがいいと思います。

     

    自宅でムダ毛処理を行う場合には方法もしっかりと検討する必要がありますが、それよりは事前準備とアフターケアのほうが大事になってきます。

     

    事前準備とアフターケアをしっかりと行っていれば、かなり肌へのダメージを抑えることができるので、処理後の仕上がりも違ってくると思います。

     

    自宅でムダ毛処理を行う場合には、毛を抜くタイプよりも毛を剃るタイプの方が肌の刺激が小さくて良いと思います。

     

    では自宅などの制限をなしで考えると一番優しいムダ毛処理方法は何なのでしょうか?

     

    それは脱毛サロンでの無駄毛処理になります。

     

    やはり専門機関で脱毛するのが一番肌にも優しいし仕上がりもきれいです。

     

    もし、一度も脱毛サロンを利用したことがないようなら、一度試しに利用してみるのもいいと思います。

     

    最近はワンコインで脱毛サロンを体験できるところもあるのでそういった所を利用してはどうでしょうか?

    お試しトライアル化粧品ヘッダー
    エイジングケアお試しトライアルセットランキング画像
    ニキビケアお試しトライアルセットランキング
    乾燥肌対策お試しトライアルセットランキング

     

    肌トラブル解決のテクニック 肌トラブル解決のテクニック ムダ毛処理について

    この記事に関連する記事一覧

    TOPへ戻る