化粧品のトライアルセット比較ランキング.com

化粧品のトライアルセットおすすめ比較ランキング.com

化粧水の選び方と付け方とは?正しい使い方徹底解説

読了までの目安時間:約15分
化粧水の選び方と付け方とは?正しい使い方徹底解説画像

化粧水は肌スキンケアの基本になっており、この化粧水選びによって肌の保湿などの効果が違ってくると深く考えている人もいますが、実際にはそうでもないです。

 

自分に合っている化粧水を選ぶことができると長く使うことができるので、化粧水の選び方や付け方などの、正しい使い方はしっかりと理解しておくといいです。

 

化粧水はそこまで難しいものではないので、基本的な付ける目的や選び方、使い方などを知っておけば問題ないです。

 

では最初は化粧水の使用目的について知っておきましょう。使用目的が判れば化粧水選びの基準にもなります。

 

化粧水を付ける理由と目的とは?

化粧水を付ける理由と目的画像

 

化粧水は美肌になるためには必須のもと思われていると思いますが、実際にどのような目的と理由によって付ける事になっているのか知っている人は少ないと思います。

 

化粧水を付けると潤いが増すと思っている方も多いと思いますが、化粧水がそのまま肌の水分になるというわけではありません

 

それに化粧水だけでは十分な保湿は無理です。

 

理由は簡単で化粧水の成分はほとんどが水なので、保湿成分を配合できないからです。

スキンケアで化粧水は必要ないのか?

化粧水をつけると顔がさっぱりとするという気分的な問題もありますが、実はスキンケアでは化粧水をつけることは必須というわけではないのです。

 

とは言っても化粧水には色々な保湿や美白成分などの美容効果が含まれているものが多いので、使用しないよりはしたほうがいいです。

 

自分の肌の悩みに合わせたものを簡単に探すことができるのも魅力なので、試してみるといいです。

 

とは言ってもスキンケア上では化粧水はそこまで多くの効果は期待できないので、あまり深刻にならず気軽に選ぶといいです。

オススメ化粧水の選び方とは?

オススメ化粧水の選び方画像

 

化粧水自体はそこまでスキンケアには重要なものではないで、使用感や好みで選んで問題ないと思います。

 

しかしどうせ使うなら、効果のあるものを使いたいと思う方が多いと思います。

 

そういう方は自分が求めている美肌効果のある化粧水を選ぶようにするのが一番無難な化粧水の選び方だと思います。

そうは言っても、自分の好みでいいとは言うものの、ある程度選ぶ際の指針は必要だと思います。

 

化粧水には液体以外にも、化粧水を浸して使うシートマスクも人気になっていますが、肌に水分を浸透させても、時間とともに蒸発してしまうのであまり意味はありません。

 

もし保湿パックを行うなら、石膏状に固まって水で洗い流すタイプの物を使うようにするといいと思います。

 

そういった部分も含めて私がオススメする化粧水の成分について下記で紹介しているのでよかったら参考にしてください。

 

化粧水選びの一つの指針になると思います。

私がオススメするのはビタミンC誘導体入りの化粧水

どんな化粧水がいいのか悩んだ時は、ビタミンC誘導体が入っている化粧水がオススメになります。

 

ではビタミンC誘導体とはどのような成分なのでしょうか?

 

ビタミンC誘導体は抗酸化作用があり、美白や毛穴の引き締めといった、色々な美容効果を持っている成分になります。

 

ニキビやしわ、シミ、たるみ等の肌トラブルにも対応しています。

 

いくつかの種類がありますが、「リン酸パルミチン酸型(APPS)」が一番効果が高いといわれています。

 

クリーム等より水に配合されている方が安定性が高い成分なので、化粧水として使うのに最適の成分と言えると思います。

各種抗酸化成分が入った化粧水も良い

水溶性の抗酸化成分の場合は化粧水で使うのに非常に効果的です。

 

具体的な成分として、オウゴンエキス、リコピン、グレープシードエキスなどの植物エキスがいいと思います。

保湿成分が入った化粧水は基本中の基本

やはり化粧水には保湿を求める人が多いので、保湿成分もオススメ成分になります。

 

具体的には、アミノ酸やヒアルロン酸、コーラゲン等の水溶性の保湿成分になります。

 

ただ化粧水の場合はこういた成分は少量しか入っていないことが多いです。

 

こういった成分が高濃度で入っているものの場合は、化粧水ではなく、美容液のカテゴリに分類されます。

 

このような感じで自分の肌に必要だと思った成分が配合されている化粧水を選ぶようにするのが一番確実な化粧水の選び方だと思っておくといいです。

 

また、化粧水の場合は肌環境によって色々と使い分けるようにするといいかもしれませんね。

 

普段はビタミンC誘導体入りの化粧水を使って、冬場や乾燥が気になるようになってきたら、保湿成分が入ってる化粧水を使うという感じで、季節や状態によって色々試してみてはどうでしょうか。

化粧水の正しい付け方と使い方とは?

化粧水の正しい付け方と使い方画像

 

化粧水は手で付ける人もいれば、コットンを使って付ける人もいます。

 

実際に化粧水を付ける場合に、あなたはどのように付けていますか?しっかりと正しい使い方と付け方をしているでしょうか?

 

正しい方法の使い方と付け方をすれば、それだけ化粧水の効果を引き出すことが可能になります。

 

反対の場合は化粧水の効果を半減させる結果にもなります。まずはしっかりと付け方をご覧ください。

化粧水はコットンと手のどちらを使って付けた方がいい?

化粧水を使う際にコットンを使って肌に浸透させている方と、手に付けて化粧水をつけている方がいると思います。

 

化粧水をつける際にはどちらが正解なのでしょうか?

 

普通にスキンケアで化粧水をつける際には、コットンを使う必要はないです。

 

コットンを使うと肌の摩擦で角質が傷つくおそれがあるので、あまりお勧めはできません。繊維の細かい上質なコットンでもゴシゴシと擦ると角質が傷つくこともあります。

 

意外とコットンを使う事でスキンケアの間違いポイントにはまることが多いので、それなら手を使った方が無難だと思います。

 

手を使って付けると、ムラができたり、手が化粧水を吸ってしまうという噂もありますが、あくまで噂でしかありません。

 

手が化粧水を吸ってしまうなら、そもそも水をすくう事はできませんよね?手でしっかりと水をすくう事はできるので、全く問題はありません。

 

化粧水をつける時はコットンではなく、手を使って付けるといいです。

手で化粧水を付ける場合の手順と流れ

手で化粧水を付ける場合には下記のような手順と流れで付ける様にするといいです。

 

①手に適量の化粧水を取る

 

一回の使用量については化粧水によって異なるので、説明書を参考に適量を手に取ってください。

 

基本的に化粧水は付けた分のほとんどが蒸発するので、そんなにたっぷりと付ける必要はありません

 

②顔全体になじませる

 

適量取った化粧水を手のひらで顔全体になじませるようにします。その際に手で押さえるようになじませるといいです。

 

最後は乾燥し易い、目の周りやフェイスラインに手のひらを使って軽く押さえてなじませるようにしましょう。

コットンを使って化粧水をつける場合の手順と流れ

コットンで化粧水を付ける場合には下記のような手順と流れで付ける様にするといいです。

 

コットンの場合は使い方が難しいので慣れている人だけにしておいた方がいいです。

①コットンに適量の化粧水を取る

 

化粧水の量はコットンの裏側までしっかりと染みるくらいが目安になります。

 

あまり化粧水の量がすくないと肌に刺激を与えることになってしまうので注意が必要です。

 

②顔になじませる

 

化粧水を含ませたコットンを顔の内から外へとまんべんなくなじませるようにします。

 

その際は肌の上を優しく滑らせるようになじませてください。

 

上記が化粧水の正しい付け方と使い方になります。

 

おそらくコットンを使う場合の方が化粧水を使う量が多くなると思います。

 

コットンを使う場合はできるだけ優しく肌に当てるという事を心掛けるようにしましょう。

化粧水を付ける際の注意点について

化粧水を付ける際の注意点画像

 

化粧水をつける際もクレンジングや、洗顔などと一緒に注意するべき点がいくつかあります。

 

化粧水は多くの人が使っていますが、本当に正しい方法で使っている人はそんなに多くないので、この機会に化粧水の正しい付け方についてしっかりと学ぶようにしましょう。

 

正しく使う事によって肌に負担をかけることなく、効果的なスキンケアが可能になります。

まずは下記から注意点をしっかりと確認しておいてください。

手で化粧水を付ける際の注意点

①化粧水をつけた後に手でパチパチと叩く

 

手で肌をたたくことによって、赤ら顔シミ等の肌トラブルの原因になってしまう可能性があるので注意が必要です。

 

②何度も重ねて付ける

 

何度も化粧水を重ね付けしたとしても、角質層の2、3層くらいまでしか浸透しないので、意味はありません。

 

よく化粧水を付ける際に手でパチパチと叩く人がいるので、そういった部分には注意するようにしましょう。

コットンで化粧水を付ける際の注意点

①コットンを強くこする

 

コットンで化粧水をつける際に、浸透させたいと思って強くこすってしまうと、肌を傷めてしまう原因になります。

 

②コットンで何度もたたく

 

化粧水を浸透させるためにコットンで何度も肌を叩いてみても、深く浸透するというわけではありません。

 

意味がないのでやめるようにしましょう。

 

コットンを使う際にもできるだけ肌に刺激を与えないようにすることが大事になってきます。

化粧水はお試しトライアルセットから選ぶといい

化粧水はお試しトライアルセットから選ぶといい画像

 

化粧水といっても色々なブランドから色々なタイプの商品が出てきているので、どんな商品を選んだらいいのか分からないという人も多いと思います。

 

成分で選ぶにしても、大手の人気商品は基本的な成分は配合していることが多く、成分だけで搾り込むのは大変です。

 

そのためお試しトライアルセットから選ぶといいです。

 

お試しトライアルセットなら、化粧水だけでなく美容液やクリームなどとセットになっていることが多いので、そのブランドの商品を系統立てて試すことができます。

 

お試しトライアルセットなら安い価格で化粧水を含めた、美容液やクリームなどもまとめて試すことができるのでお得です。

 

下記でお試しトライアルセットの種類についてまとめているのでよかったら参考にしてください。

お試しトライアル化粧品ヘッダー
エイジングケアお試しトライアルセットランキング画像
ニキビケアお試しトライアルセットランキング
乾燥肌対策お試しトライアルセットランキング

 

化粧品の使い方と種類 化粧品の使い方と種類 化粧水

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る