化粧品のトライアルセット比較ランキング.com

化粧品のトライアルセットおすすめ比較ランキング.com

乾燥肌の原因とスキンケア法や体質改善のやり方を解説

読了までの目安時間:約13分
乾燥肌の原因とスキンケア法や体質改善のやり方画像

乾燥肌で悩んでいる女性は非常に多いですが、普段からしっかりとケアできている人はそこまで多くないです。

 

乾燥肌の人は他の普通肌の人と比べるとシワなどが出来やすくなるので、どうしても見た目年齢が上がってしまって老けて見えるようになります。

 

そのため乾燥肌の人はどのような原因で肌が乾燥するのかということや、正しいスキンケアの方法、さらには乾燥肌の体質改善のやり方などについて知っておくといいです。

 

乾燥肌のスキンケア方法はある意味ではスキンケアの基本的な部分なのでしっかりと基礎は知っておくといいと思います。

 

乾燥肌の特徴とは?

乾燥肌の特徴とは?画像

 

乾燥肌は皮脂に分泌量が低下して、角質の水分含有量が減っているような状態のことをいいます。

 

肌に潤いがない乾燥肌の状態だと、肌細胞に柔軟性がなくなるので肌細胞が壊れやすく色々な肌トラブルが発生する原因にあります。

 

また皮脂は肌のバリア機能の役割も果たしており、乾燥肌の場合はそのバリア機能が弱いということにもなるので外部からの刺激に対してのダメージが大きくなってしまいます

 

そのため乾燥肌の人は他の肌質の人よりも、肌へのダメージが多くなりがちで、肌の加齢が表面に出やすくなってしまいます。

 

また肌が乾燥するとシワが出やすくなり、ほうれい線などが目立つ原因にも繋がったりして見た目よりも老けて見えることにも繋がります。

 

特に乾燥しやすい冬場はしっかりとケアしないとどんどん乾燥肌が進行します。

乾燥肌の原因とは

乾燥肌の原因画像

 

乾燥肌の対策をするためにはしっかりと乾燥肌の原因について知っておく必要があります。

 

自分がどのような原因で乾燥肌になっているのか理解することができれば、その原因を排除することが乾燥肌対策に繋がります。

 

乾燥肌の原因についてもっとも多いことについて下記で説明しているので、乾燥肌で悩んでいる人は参考にしてください。

 

 乾燥肌の原因一覧

・間違ったスキンケア方法

・生活習慣の乱れ

・ストレス

・偏った食生活

・加齢による肌質の変化

間違ったスキンケア方法

乾燥肌の人で意外と多い原因になっているのが、この間違ったスキンケア方法による肌の乾燥になります。

 

乾燥肌の人は自分なりに色々と工夫しながらスキンケアを行っている場合も多いですが、間違った方法でスキンケアしている場合も多数あります。

 

よくあるのが「熱いお湯で顔を洗う」という方法です。普通だと思っている人も多いですが、乾燥肌の人には間違ったスキンケア方法です。

 

熱いお湯で顔を洗うと、ただでさえ少ない顔の皮脂が洗い流されすぎるので肌乾燥が加速します。そのため洗顔の際にはぬるま湯を利用しましょう。

 

これと同様の理由で顔を洗った後に拭く際に、ゴシゴシと拭くのも禁物です。ゴシゴシ拭くと摩擦によって肌ダメージになるだけでなく、皮脂がさらにごっそりと落ちてしまいます。

生活習慣の乱れ

乾燥肌に限ったことではないですが、肌環境を悪化させる原因で非常に多くの人が当てはまるのが生活習慣の乱れです。

 

特に睡眠不足は問題で、肌は睡眠中に修復が行われているので、睡眠不足だと乾燥肌はただでさえダメージを受けやすいのに、そのダメージが回復しない状態でどんどんダメージが蓄積されます。

 

他にも暖房や冷房をつけすぎると乾燥しやすくなるので、肌の水分も一緒に逃げてしまいます。

 

特に冬場は普通に乾燥しやすい状況なのに、暖房をつけることでさらに乾燥するので、乾燥肌の人は特に注意が必要になります。

ストレス

ストレスも肌環境には悪影響を与える大きな原因になります。

 

乾燥肌の人の場合だと、ストレスによってホルモンバランスが崩れてしまって、肌の水分量が減ってしまいます。

 

そのためストレスによって肌が乾燥して、大人ニキビやほうれい線、シワなどに繋がるので注意が必要です。

 

ストレスは乾燥肌に繋がるだけでなく、色々な肌トラブルの温床にもなるので、普段からストレスケアは美容の為にやっておくようにしましょう。

偏った食生活

乾燥肌の人は特に食生活には気をつけるようにするといいと思います。

 

近年は特に欧米化の食生活の人が多くなっているので、その影響によって乾燥肌になる人が多くなってきている状況です。

 

具体的には加工食品を多く食べたり、お酒をよく飲むような人の場合には、肌環境を整える栄養素が不足してしまうことが多いので注意が必要です。

 

あと女性の場合だとダイエットで食事を制限して、野菜中心の食生活をしている人も注意が必要です。

 

基本的に肌細胞を修復するにはタンパク質が必要で、ダイエットによってそれが不足すると肌を修復できなくて、乾燥肌の症状が進行してシワなどができるようになってしまいます。

加齢による肌質の変化

加齢によって肌の皮脂がどんどん不足していくのは仕方のないことです。

 

加齢によってシワが増えていくのは、肌が乾燥することによってターンオーバーが活発に働かなくなり、肌の新陳代謝が遅れることが要因です。

 

加齢によって肌が乾燥してシワが増えるのは仕方のないことですが、年齢に合っているスキンケアを行っていると、しっかりと乾燥肌を予防することができます。

 

しかし加齢による肌質の変化を忘れて、いつまでも若い時と同じようなスキンケアをしていると、ケア方法が肌と合わなくなってくるので、乾燥肌がより深刻になります。

 

乾燥肌対策をする際にはしっかりと自分の肌質の変化をチェックしながらスキンケア用品などを替えていく必要があります。

 

参照:自分の肌質チェックの方法

乾燥肌の体質改善に効果的な食事とは?

乾燥肌の体質改善に効果的な食事画像

 

乾燥肌で悩んでいるなら美容液を使うのがいいですが、日々の食事にも気を配るとさらに効果的です。

 

食事は毎日食べるものなので、ちょっと気にするだけでもトータルで大きな効果を生むことになります。

 

まずはどんな栄養素や食品が乾燥肌に効果的なのか下記からご覧ください。

乾燥肌に潤いをもたらすのはビタミンA!

乾燥肌の方に是非摂取してほしいのがビタミン類になります。

 

その中でも特にビタミンAは肌にうるおいをもたらし、ターンオーバーを調整してみずみずしい肌のが生まれるのをサポートしてくれます。

 

ではビタミンAはどのような食品に多く含まれているのでしょうか?

 

下記を参考にしてください。

 

    • 鶏レバー
    • うなぎ
    • モロヘイヤ
    • にんじん
    • とうみょう
    • 春菊
    • ほうれんそう
    • かぼちゃ

 

上記の食品にビタミンAは多く含まれていいます。

 

ダイエットを行う際でもこういった食品はしっかりと摂取することを意識した方がいいかもしれないですね。

乾燥肌の原因になる血行不良を改善するには?

乾燥肌になる原因に、血行不良によって代謝が悪くなりターンオーバーが乱れた結果起こることも結構多いです。

 

また血行不良によって代謝が悪くなると健康面でも問題が色々と出てくるので、気を配るといいと思います。

 

具体的に血行を促す成分としては鉄分があげられます。鉄分を摂取するようにしましょう!

 

鉄分が多い食品は下記をご覧ください。

 

    • レンズ豆
    • 鶏レバー
    • 高野豆腐
    • ひじき
    • しじみ
    • 牛レバー
    • あさり
    • 納豆

 

割と一般的な食材なのでそこまで意識しなくても摂取することができると思います。

タンパク質や亜鉛や必須脂肪酸も重要

上記のほかにもタンパク質などは非常に大事になります。

 

タンパク質は肌や髪の毛など体を構成する非常に重要な栄養素なので、ある意味では肌の基礎になる部分と言ってもいいと思います。

 

ダイエットではこのタンパク質が不足しがちになって、肌が荒れたり、髪の毛が抜けたりすることもあるので注意が必要です。

 

必須脂肪酸は不足すると肌のターンオーバーが正常に行われないというデメリットがあり、ターンオーバーに以上が出ると肌の水分保持能力が衰えていって強います。

 

また亜鉛が不足すると皮膚炎や湿疹、皮膚の傷が治りにくくなるということがあり、肌ダメージを修復するのには必須の栄養素です。

 

亜鉛はお酒をよく飲む人の場合だと、アルコールを分解する際に肝臓で多く亜鉛が消費されるので不足しがちになる栄養素です。

乾燥肌の症状がひどい場合のスキンケア方法とは?

乾燥肌の症状がひどい場合のスキンケア方法画像

 

乾燥肌の人は普段からしっかりと化粧水などで保湿ケアをして、クリームなどを使って水分が逃げないようにフタをするというのは基本的なスキンケア方法です。

 

しかし乾燥肌の症状が進んでしまったり、冬で乾燥しやすい季節の場合にはそれでも乾燥がひどいという状況もありえます。

 

乾燥肌がひどくなると肌のバリア機能が低下して、肌荒れを起こしてしまいます。

 

さらに化粧水がしみるようになったり、かゆみを感じるくらい乾燥肌がひどい場合はどのようなケアをすればいいのでしょうか?

具体的なケア方法については下記をご覧ください。

低刺激なクリームとUVカットで対応しよう

化粧水がしみるくらい乾燥肌がひどい場合は、しみるものは止めて、ワセリンや低刺激なクリームなどを使って水分の蒸発を防ぐのみにしましょう。

 

また乾燥して荒れている状態でも、紫外線対策は必要になります。

 

クリームを塗った後にはパウダーファンデーションかルースパウダー(粉おしろい)を重ねてケアしましょう。

 

乾燥肌がひどい場合は上記のようなケア方法をするといいです。まずは1週間くらいこのケアを続けると症状が良くなると思います。

アトピー性皮膚炎の可能性を疑おう

乾燥と一緒に強いかゆみがあったり、目の周りだけ赤くカサカサしたりする場合は、アトピー性皮膚炎の可能性があります。

 

アトピー性皮膚炎というと子供のころからあるイメージがありますが、最近では大人でも発症するケースがあります。

 

下記にアトピー性皮膚炎のチェック項目があるので参考にしてください。

 

アトピー性皮膚炎のチェック項目
・かくとすぐに皮膚がジュクジュクになる
・ひじやひざの内側に湿疹ができやすい
・手の爪やつけ根部分がかゆなる
・ダニかハウスダストのアレルギーといわれたことがある
・子供の時にアトピーかぜんそくがあった
・季節の変わり目に症状が悪化する
・眠れないくらいかゆみがある時がある
・目の周りと首だけが赤い

 

上記のようなケースに当てははまる項目が多い場合はアトピー性皮膚炎の可能性があります。

 

もしアトピー性皮膚炎の疑いがある場合は、皮膚科に一度受診してみてください。

お試しトライアル化粧品ヘッダー
エイジングケアお試しトライアルセットランキング画像
ニキビケアお試しトライアルセットランキング
乾燥肌対策お試しトライアルセットランキング

 

肌の基本情報

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る