化粧品のトライアルセット比較ランキング.com

化粧品のトライアルセットおすすめ比較ランキング.com

乾燥肌のファンデーションやパックなどを使った最適な保湿ケア方法とは

読了までの目安時間:約14分
乾燥肌のファンデーションやパックなどを使った最適な保湿ケア方法とは画像

乾燥肌で悩んでいる方は多いと思います。そもそもスキンケア方法はどれだけ肌トラブルから肌を守るということが命題になっています。

 

肌トラブルの多くは乾燥肌が原因になることが多いので、肌の乾燥さえ防ぐことができるようなら多くの肌トラブルを防ぐことができます。

 

乾燥肌の場合には特にしっかりとしたケアが必要になってくるので、美容液やパック、ファンデーションなど普段から効果的なスキンケアが大事になってきます。

 

特に肌のくすみやシワ、ほうれい線などで悩んでいるなら早めに対策することが大事になります。

 

乾燥肌はくすみやシワやほうれい線が出やすい

乾燥肌はくすみやシワやほうれい線が出やすい画像

 

肌の乾燥が原因になる角質のくすみは、グレーのような色が強く出る傾向にあることがわかっています。

 

これは特に冬に多いくすみの原因になります。

 

冬になると気温が下がって血行が悪くなります。

 

そうなると体の代謝が悪くなって、栄養や酸素が行き渡らなくなって、肌が乾燥しがちになるからです。

 

そのためこの場合は、しっかりと保湿を行うと症状が緩和されます。

 

セラミドやヒアルロン酸などの保湿効果のある成分が配合されている美容液でケアするのが基本になります。

 

そうすることによって割と早い段階での、シミやほうれい線、くすみの改善が可能になります。

 

肌の乾燥による肌への影響は、シミやほうれい線、くすみ等色々とあるので、乾燥肌対策はしっかりと行うといいです。

乾燥肌のケアに必要な保湿成分を知ろう

乾燥肌のケアに必要な保湿成分を知ろう画像

 

乾燥肌やデリケート肌でのスキンケアでは保湿は基本中の基本ですが、どういった保湿成分がいいのかよく分からないと言う人も多いと思います。

 

そこで乾燥肌や敏感肌の保湿成分の種類について下記を参考にするようにするといいです。

 

下記の成分では「水分を挟み込むタイプ」の保湿成分が一番保湿力が高いと言われています。

 

保湿ケア成分のタイプ一覧

・水分を挟み込むタイプの保湿成分

・水分を抱え込むタイプの保湿成分

・水分をつかむタイプの保湿成分

水分を挟み込むタイプの保湿成分

このタイプの保湿成分を水をサンドウィッチ状に挟み込んでしっかりと水分をキープする異性質があります。水分保持力は一番高いです。

 

乾燥肌で悩んでいるならこのタイプの保湿成分を利用するのがいいと思います。

 

セラミド

セラミドは細胞間脂質の40パーセントを締めている成分で、湿度が下がってもしっかりと水分をキープしてくれるので、保湿物質として一番優秀な成分になります。

 

スフィンゴ脂質

セラミド以外の細胞間脂質になっています。保湿力はセラミドよりも低いですが、比較的効果の高い保湿成分になります。

 

水素添加大豆レシチン

大豆から抽出されると言う保湿成分になっています。

 

ステアリン酸コレステロール

こちらもスフィンゴ脂質と同じく、セラミド以外の細胞間脂質になっています。

水分を抱え込むタイプの保湿成分

このタイプの保湿成分は、真皮に元々ある成分などに良く使われています。

 

これらを肌に使った場合には、真皮まで吸収されることなく角質内で保湿成分として働きます。

 

湿度が下がっても水分を抱え込んだままキープしてくれるので、ボディケア用品やハンドクリームによく使われたりしています。

ヒアルロン酸

一度は聞いたことがる成分ではないでしょうか。ゼリー状の物質で200倍から600倍の水分量を蓄えることができる力があり、デリケート肌の人にもオススメの保湿成分になります。

コラーゲン

こちらも知っている人が多いと思います。肌の弾力を保つ成分とされていますが、化粧品として配合されている場合には保湿成分にもなります。

エラスチン

エラスチンも真皮にある物質になります。保湿力が高いので化粧品に配合されていることも多いです。

ヘパリン類似物質

血液中のヘパリンという成分に水分含有力があることから、類似成分を保湿成分として応用した保湿物質になります。医薬品にもこの物質は使われています。

水分をつかむタイプの保湿成分

水分を吸湿する性質がありますが、冬場など湿度が低いときには保湿力が下がってしまいます。

 

乾燥肌で悩んでいる人は少し物足りないと感じるかもしれないですね。

 

ただこういった保湿成分があるということは知っておくといいかもしれないですね。

天然保湿因子

角質細胞内になる水溶性の成分になっています。約20種類の成分で構成されている物質で、保湿力は強くないけど、サラッとしていて使用感がいいので、化粧品などにも含まれている成分になります。

PG、グリセリン、1.3BG

多価アルコールで吸湿性にすぐれており、化粧品に多く使用されています。ただ保湿力はそこまで強くないと言われています。

保湿成分のある化粧水スプレーは乾燥肌の原因になる

保湿成分のある化粧水スプレーは乾燥肌の原因になる画像

 

乾燥肌の人は普段から肌が乾燥しないように、しっかりとケアしている人も多いですが、中には間違ったケア方法で保湿ケアをしている人もいます。

 

よく会社のオフィスなどで、スプレータイプの化粧水を肌に吹き付けている方がいますが、それは乾燥肌の原因になりますよ。

 

理由は簡単で、化粧水が乾く時に肌の水分も一緒に蒸発して奪われてしまうからです。

 

これは意外と知らない人も多いのではないでしょうか。私もやっていた時期があるので責められないんですけどね。

日中に肌が乾燥するのは保湿ケア不足が原因!

普段の生活で日中に肌が乾燥するという事は、普段の保湿ケアが不足しているということです。

 

よくありがちなのが、朝のケアでファンデーションが崩れてるからという理由で、乳液やクリームなどを省略しがちな人が多いです。

 

しかし日中に肌が乾燥してしまうようだと、どうしようもありません。

 

しっかりと肌になじませてからファンデーションを塗るようにしましょう!

 

もし日中に肌が乾燥するようなら、今使っている保湿美容液の見直しと、朝もしっかりと保湿ケアをするようにしましょう!

乾燥肌に最適な保湿パックとは?保湿パックの選び方

保湿パックの選び方画像

 

肌が乾燥して悩んでいる人は多いと思います。

 

基本的な乾燥肌対策では美容液を使用するのが通常です。

 

ただ乾燥肌の方の場合は、角質が厚くなっている事が多いので、保湿効果の高い美容液もなかなか肌に浸透してくれない事があります。

 

その場合はどうすればいいのでしょうか?

 

乾燥しているとメイクののりが悪くなる傾向にあるので、できるだけ早く対策をしたい所です。

 

そこで美容液が浸透しにくい場合には保湿パックを利用した保湿ケアが非常に大事になります。

乾燥肌の保湿パックの選び方の基準

保湿パックというとシートタイプのものを想像するかもしれませんが、そうではありません。

 

シートタイプのものは以前にも注意しましたが、水分が蒸発すると肌の水分の一緒に蒸発するので余計に肌が乾燥してしまいます。

 

ここでオススメしたいのは肌に伸ばすと固まるタイプの保湿パックになります。

 

このタイプの保湿パックは密閉性が高いので、水分の蒸発を防ぐことができ、潤いを肌にしっかりと送り届けてくれます。

 

パックした後は洗い流すだけなので、朝のスキンケアにも手軽に取り入れられると思います。

 

また朝に行う事で、メイクののりがかなり変わってくるので、是非一度試してみてください!

保湿パックは効果的なものを使おう

すべての保湿パックがダメという訳ではなく、効果的な保湿パックもあるという事がわかりましたね!

 

保湿パックは水分の蒸発を防げるような密閉性が高いものがいいというのがわかったと思います。

 

これまでシートタイプのものを使っていた人はぜひ一度伸ばすタイプの保湿パックを使ってみてください。

乾燥肌の保湿パックの効果的な使用頻度は?

乾燥肌の保湿パックの効果的な使用頻度画像

 

乾燥肌の人が保湿パックを利用するのは効果的ですが、具体的にどれくらいの使用頻度が効果的なのか知らない人も多いのではないでしょうか?

 

保湿パックはしっかりと正しいタイプの保湿パックを使うと、潤った実感を得られるだけでなく、メンタル面でも肌のお手入れをしたという充実感を味わう事ができます。

 

ただ特別な時にしか使用しない方が多いのが残念な所です。

 

保湿パックを無駄にしないためにも効果的な使用頻度を知ることは非常に大事になってきます。

乾燥肌の使用頻度はどれくらいがベスト?

保湿パックは定期的にしっかりと使い続けることが乾燥肌には非常に効果的です。

 

定期的使っていくことによって、肌に水分を補給して、後から使う美容液などでその水分をキープさえると肌の乾燥改善が早くなるからです。

 

具体的にどれくらいの頻度で保湿パックを行うといいのかというと、週に2回ぐらいは保湿パックを肌ケアに取り入れるといいと思います。

 

あまり頻繁に行う必要がないということがわかるのではないでしょうか。あまり頻繁におこなってそれがストレスになっては意味がないので負担にならない頻度にしておきましょう。

 

※週2回の使用頻度ならストレスにならない

 

保湿パックはやはり普通の肌ケアと比べると少し手間がかかるので、どれくらいの使用頻度がいいのかわからないという方が多いかもしれませんが、週2回程度なら問題なくできそうですね。

 

とりあえず休みの日などの、時間がある時にでもやるようにするといいかもしれませんね!

 

肌が乾燥し易い冬場とかは少し頻度を増やしてもいいかもしれませんね!

乾燥肌に効果的なファンデーションの使い方とは?

乾燥肌に効果的なファンデーションの使い方画像

 

乾燥肌には肌の保湿が大事ですが、それ以外にもしっかりと紫外線対策は必要になります。

 

紫外線は夏以外にも、肌寒い曇りの日や短い外出でも浴びています。

 

そういった理由からもファンデーションでしっかりと紫外線対策をするとうのは大切なことになります。

 

では具体的にどのようなファンデーションが乾燥肌の人には効果的なのでしょうか?

乾燥肌に最適なファンデーションはこれ!

乾燥肌の方の紫外線対策にはパウダーファンデーションがオススメです!

 

パウダーファンデーションは一見した感じだと、余計に肌が乾燥しそうな感じがしますがどうなのでしょうか?

 

パウダーは皮脂や水分を吸収しますが、その分はセラミド入りの美容液を利用するなど、しっかりとベースの肌のお手入れができていれば問題はないです。

 

またパウダーファンデーションの場合は、界面活性剤や防腐剤などの添加物が少なく、アレルギーを起こす可能性も少ないのでオススメです。

 

上記のような理由からも、乾燥肌で敏感になっている肌にはパウダーファンデーションを選ぶ方が安心だと思います

リキッドやクリームタイプのファンデーションはダメなの?

ファンデーションにはパウダータイプ以外にも色々なタイプが販売されています。

 

そのため普段から利用しているファンデーションがパウダーファンデーションでない人もいるのではないでしょうか。

 

しかしリキッドタイプのファンデーションやクリームタイプのファンデーションでは、肌に刺激の強い界面活性剤を使っているだけでなく、水分を含んでいるので、防腐剤も入っています。

 

そういった肌への刺激が強い余計な成分が入っているのでオススメできません。

 

おそらく多くの女性はリキッドタイプやクリームタイプのファンデーションを使っているのではないでしょうか?

 

乾燥肌で悩んでいるなら一度見直してみるのもいいと思います。

お試しトライアル化粧品ヘッダー
エイジングケアお試しトライアルセットランキング画像
ニキビケアお試しトライアルセットランキング
乾燥肌対策お試しトライアルセットランキング

 

肌の基本情報

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る