化粧品の使い方と種類

ケミカルピーリングや自宅でのピーリングのやり方と効果

更新日:

ピーリングやケミカルピーリングによって肌ケアを効果的に行いたいという人も多いのではないでしょうか。

ここではピーリングやケミカルピーリングの詳しい効果やり方について解説して行きたいと思います。

ピーリングをすることによって肌のくすみやニキビ対策などにも繋がってくるので、肌トラブルで悩んでいる人は試しにピーリングをやってみるといいのではないでしょうか。

そんなピーリングですが、普通の自宅で行うピーリングとケミカルピーリングがありますが、どのようなものかご存知でしょうか?

ピーリングとケミカルピーリングの違いとは?

ピーリングとケミカルピーリングの違いとは画像

基本的なことですが自宅で一般的に行うピーリングとケミカルピーリングにどのような違いがあるのか知らない人もいるのではないでしょうか?

一般的な自宅で行うピーリングは、自宅でのスキンケアの一環として角質を除去して肌環境を整えるというスキンケア方法です。

ケミカルピーリングは、ケミカルという名前が示すように化学薬品を使ったピーリングのことで美容外科、皮膚科などの専門機関で受けるピーリングになります。

ケミカルピーリングのほうは医療行為になるので上記のような医療機関で行うことになります。

どちらもピーリングではありますが、このような違いがあるので知っておくといいと思います。

ではピーリングにはどのような効果が期待できるのでしょうか?

肌のくすみへのピーリングの効果とは

肌のくすみへのピーリングの効果画像

肌のくすみの原因として一番にあげることができるのが、肌の古い角質がたまることによる角質肥厚になります。

どうして肌の古い角質が厚くなるとくすんで見えるかということ、角質細胞自体が少し黒ずんでいるからです。

角質肥厚が原因のくすみはピーリングが非常に効果的です。

角質肥厚が原因でくすみを起こしている場合は、本来は保湿が必要になります。

しかし角質が厚くなっている状態では保湿美容液を使用しても、厚くなっている角質が邪魔をして、なかなか浸透してくれないので望み通りの効果を得ることが難しいです。

そういった理由から、一度古い角質をピーリングで取り除くことによって、美容液の有効成分が肌に浸透しやすくなります

そうなると肌のくすみの改善に大きな効果を示してくれます。

ただピーリングを行った後には必ず保湿成分のある美容液を使って保湿をするのを忘れないようにしましょう!

肌のターンオーバーをピーリングで促進することによって、くすみはもちろんですが、シミやシワにも効果的なので、定期的に行うのもいいと思います。

肌の無駄な角質を取ることは肌のくすみ以外にも色々ないい効果があるのでやったことがないなら一度試してみるといいかもしれないですね。

保湿をしっかり行うことによってさらに効果的にピーリングを行うことができるのでしっかりとポイントを押さえるようにしましょう。

肌のシワへのピーリングの効果とは

肌のシワへのピーリングの効果画像

年齢を重ねると肌のターンオーバーが遅くなってきてしまいます

そのため古い角質が残ったままになってしまってシワの原因になってしまいます。

ターンオーバーが遅くなってくるのは肌の機能も一緒に老化しているためです。

そのため肌の機能を活性化させることがシワの原因を治すことにもつながります

ピーリングをすることによって、古い角質を取ってあげることができ、そうすると肌の代謝が上がります。

そうなると下から新しい皮膚が生まれてきます。いわば、肌の若返り作用と言えると思います。

非常に基本的なことですが、こういった古い角質除去はピーリングならではのことなので、定期的にピーリングを行うことによってシワ予防にもつながってきます。

ピーリングはちりめんジワだけでなく、シミや毛穴の開きにも効果的に働きかけてくれるので、一度試してみはどうでしょうか。

肌のシミにもピーリングは効果的

肌のシミにもピーリングは効果的画像

シミは美白効果が効果的なシミもありますが、それにさらにピーリングを加えるとさらに効果的にシミを消すことができます。

美白化粧品はメラニン色素を作る過程に働きかけて、シミ対策に効果を発揮してくれます。

ピーリングの場合はできてしまったメラニン色素がスムーズに排出できるように助けてくれる働きをしてくれます。

メラニン色素ができてしまった場合は、普通はターンオーバーのサイクルによって排出されていきます。

これを助けることはちょっと違う角度からのアプローチになるので、美白化粧品だけでは緩和されれないシミにも試してみるといいと思います。

ターンオーバーは加齢と共に遅くなってきてメラニンの排出ができなくなってきます

つまり老人にシミが多くなってしまうのはターンオーバーが進まないためだと考えられます。

そこでピーリングを行うと、ターンオーバーを早めることが可能になりメラニン色素を排出するスピードがアップすることになります。

そのほかにもピーリングをする余分な角質が取れるので、美白成分がの浸透が高くなるという効果もあります。

自宅でのピーリングをする際のピーリング剤の選び方

自宅でのピーリングをする際のピーリング剤の選び方画像

ピーリングには上記のように、肌のくすみやシミ、シワなどに大きな効果を発揮してくれます。

そこで気になるのは、どのようなピーリング剤を利用するといいのかということです。

ピーリング剤は市販のものがありますので、意外と手軽に出来ますが、種類があるのでどれを選んだらいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。

具体的には角質をこすってポロポロと落とすゴマージュスクラブふき取りタイプのものは肌を摩擦して傷めてしまう可能性があります。

そういった意味でもできるだけ肌に優しい、洗い流すタイプのピーリング剤を選ぶようにするといいと思います。

洗い流すタイプのピーリング剤が肌への刺激が一番少なく、どんな肌質の人にも比較的合いやすいのも大きなメリットと言えると思います。

市販のピーリング剤は皮膚科などで利用されているものよりも濃度が低いと言われているので、そこまで危険性はないですが、使用してみて肌に刺激が強いと感じたり、赤みが出たりしたら、使用を中止するようにしましょう。

まずはできるだけ肌に刺激が強くない洗い流すタイプのものを使って様子を見て見るといいと思います。

自宅ピーリングの具体的なやり方とは?

自宅ピーリングの具体的なやり方画像

ピーリングでニキビやシミやニキビ跡の改善効果を期待している人も多いと思いますが、具体的にどうやっていいのかわからない人も結構多いのではないでしょうか。

そこでここではホームピーリングの詳しいやり方とポイントについて解説しています。

ホームピーリング用の化粧品は結構売られていますが、使うなら肌に優しいクリームタイプの商品か、ジェルタイプで洗い流すものを使用するといいです。

上記でも示したように、最初は肌への刺激が強いゴマージュやスクラブタイプのふき取るタイプのもとは使用しない方がいいと思います。

ホームピーリングのやり方の手順

手順どおりにやってニキビ跡やシミの改善に利用するようにしましょう。

ちなみに敏感肌の人がホームピーリングを行う場合には、肌を水で濡らしてから行ったりピーリング化粧品を水で薄めてから行うようにするといいです。

①ピーリング剤をTゾーンに乗せる

適量のピーリング剤を取って、乾いた肌に乗せます。敏感肌の人は濡らしてから乗せるようにするといいです。

まずは顔の中でも肌が比較的強い部分である、額などを含むTゾーンに乗せて軽くマッサージするようになじませるといいです。

②肌が弱いUゾーンはキツネ指

肌が弱い部分であるUゾーンや目元部分は、中指と薬指をくっつけて、キツネ指を作って、小さな円を描くようになじませるようにしましょう。

③しっかりとすすぐ

ぬるま湯でよく洗い流して、タオルで水分を拭きます。このときに肌をこすらないように注意するようにしましょう。

④保湿を行う

ピーリング後には肌が乾燥しやすいので、しっかりと保湿するようにしましょう。普段愛用している保湿成分が入っている美容液をたっぷりと使用しましょう。

ピーリング後はビタミンCのイオン導入がいい

ピーリングで古い角質を取った肌はまっさらな状態なので、化粧品を普段より吸収できるようになります。

このタイミングで、イオン導入器という美顔器を使ってビタミンC誘導体のイオン導入を利用すると肌への浸透が高まります。

せっかく美容成分の肌への浸透が通常よりも良い状態になっているので、こういったものを利用するのは非常にメリットが大きいです。

ピーリングとセットでお手入れするのがいいのではないでしょうか。

自宅でピーリングをする際の注意点について

自宅でピーリングをする際の注意点画像

自宅でホームピーリングを行う際には上記のような手順で行えば問題はないですが、その際にいくつか注意点があります。

下記のような注意点をしっかりと把握してからピーリングを行うといいです。

・いきなりUゾーンには乗せない

ピーリング剤を肌が弱いUゾーンに最初に乗せるのは避けるべきです。最初に肌が弱い部分に乗せると、それだけ肌への刺激が長く続くことになるので、乗せるのは肌が強いTゾーンからにしましょう。

・時間をかけたり擦ったりしない

丁寧にやろうと思って時間をかけたり、擦ったりしてしまうと余計に肌への負担が重くなってしまいます。元々肌への刺激が強いものなので、手早く行うようにするのがポイントになります。

・肌の状態が悪いときには行わない

寝不足のときや風邪気味の場合などの、肌の状態があまりよくないというときには行わないようにしましょう。無理して行うと肌トラブルの原因になります。

基本的には上記のようなことはしっかりと守ってピーリングを行うといいです。

ピーリングを行っていて肌に赤みが出てきたりしたらストップするようにしましょう。

また刺激を感じるようなら、敏感肌のやり方のように、薄めたりして使用するといいです。

またピーリング後には保湿をしっかりとするようにして、マッサージやパックなどの刺激は3日くらいは控えるようにしましょう。

他にも紫外線の影響を受けやすくなるので外出時には紫外線対策を行うようにしましょう。

ケミカルピーリングの効果や詳しい費用や料金

ケミカルピーリングの効果や詳しい費用や料金画像

普通のピーリングは上記のように自分で行うことができますが、ケミカルピーリングの場合にはしっかりとした美容医療なので、医療機関で行うことになります。

ケミカルピーリングは良く聞く名前ではありますが、具体的にはどういった方法でどのような効果が期待できるのでしょうか?

ここでは具体的な施術内容と費用について載せているので参考にしてください。

ケミカルピーリングの効果とは

ケミカルピーリングは酸を塗ることによって、皮膚の角質をはがして、新しい皮膚の再生を促す治療になります。

ケミカルピーリングをすることによって、肌のコラーゲンが増えるので、シワのたるみや、たるみ毛穴に有効的です。

また余分な角質を取るため、毛穴のつまりやにきび予防にも効果的です。

さらに余分な角質が取れるので、化粧品や化粧水の浸透率が上がるので、化粧品や化粧水の効果をさらに向上させてくれる効果があります。

皮膚科でケミカルピーリングを行うと市販品よりも強い酸を用いるので、少しピリピリ感を伴いますが、効果が実感しやすいのが特徴になります。

肌の状態を見ながら酸の濃度や種類を調整することになります。

ケミカルピーリングは普通のピーリングよりもさらに効果を高めたものだと思っていいと思います。

ケミカルピーリングの費用や料金の相場

ケミカルピーリングの費用や料金にについては、医療機関によって差がありますが、5000円~2万円程度だと思っておいていいと思います。

基本的にケミカルピーリングは保険適用されないので、これくらいの料金は覚悟しておいた方がいいと思います。

一般的には1万円前後のところが多いようなので、少し高額ですが肌トラブルに悩んでいるなら利用してみるのもいいと思います。

部位によって料金も多少差が出てきたりするので、事前に医師などに相談して決めるといいかもしれないですね。

ケミカルピーリングの治療期間

ケミカルピーリングを医療機関で行う場合にどれくらいの期間が必要なのか気になる人も多いのではないでしょうか。

ケミカルピーリングはやった後に多少赤くなることはありますが、即日メイクして外出することが可能です。

腫れることがないので、意外と使いやすいのが特徴です。

きちんとした効果を出すためには2週間から4週間に1回、計5回以上受ける必要があります。

ピーリングは美容には非常に効果的な方法なので、これまでやったことがないという人は一度ためしてみるといいかもしれないですね。

エイジングケアお試しトライアル化粧品ランキング

エイジングケアお試しトライアルセットランキング画像

ニキビケアお試しトライアル化粧品ランキング

乾燥肌対策のお試しトライアルセットランキング

乾燥肌対策のお試しトライアルセットランキング画像

-化粧品の使い方と種類

Copyright© 化粧品のトライアルセットおすすめ比較ランキング.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.