化粧品のトライアルセット比較ランキング.com

化粧品のトライアルセットおすすめ比較ランキング.com

パウダーファンデーションの使い方とシミ予防やUVケア方法

読了までの目安時間:約8分
パウダーファンデーションの使い方とシミ予防やUVケア方法

パウダーファンデーションは紫外線対策によるシミやシワ予防に使える化粧品になります。

 

ファンデーションを利用する際にリキッドタイプやクリームタイプを利用している人が多いですが、美肌を目指すならパウダーファンデーションを利用するといいと思います。

 

パウダーファンデーションの効果を得るためには、ちゃんとした手順でパウダーファンデーションを使う必要があります。

 

パウダーファンデーションには紫外線などのUVケア効果がある!

パウダーファンデーションには紫外線などのUVケア効果画像

 

パウダーファンデーションを選ぶ際にUVケア効果のあるものを選んだほうがいいと思った人もいると思います。

 

しかしパウダーファンデーションは、UVカット効果が謳われていなくても、すべてのパウダーファンデーションには紫外線防止効果があります。

 

ファンデーションの粉体には紫外線散乱剤と同じような効果があるので、紫外線を跳ね返してくれます。

 

そういった意味では普段からパウダーファンデーションを利用することによって紫外線ケアにも繋がってくるので、お肌のシミやシワ対策にも繋がってきます。

 

紫外線は夏だけケアしている人が多いですが、実際には紫外線は1年中降り注いでいるものなので、普段からパウダーファンデーションを利用しているとそれだけでUVケアしていることになります。

日焼け止め化粧品を利用するだけではダメなの?

日焼け止め化粧品も大事ですが、日焼け止め商品は塗る量やムラが結構できたりして、ぐずれていることに気がつかないというケースもあるようです。

 

そういった理由で日焼け止め化粧品を使っていてもシミができるケースがあるようです。

 

そこでしっかりとシミを防ぐためにも、パウダーファンデーションを重ねることが賢いUVカットになります。

 

紫外線についてはそれくらいしっかりとケアをすると、年を重ねることによって肌への影響が違ってくるので、まずはパウダーファンデーションの使い方について知っておくといいです。

パウダーファンデーションの使い方

パウダーファンデーションの使い方

 

パウダーファンデーションを使う際に、化粧下地を使わずにパウダーファンデーションを使うと粉浮きしそうだと感じたり、メイクが崩れそうだと心配になる人もいると思います。

 

そこでしっかりとした事前準備をしておく必要がります。準備をすることによってキレイに仕上げることができ、メイクも長持ちします。

 

下記のような手順で行ってみるといいと思います。

パウダーファンデーションの使い方手順

パウダーファンデーションを利用したスキンケア方法はある意味ではメイクの基本的な部分になってくるのでしっかりと抑えて置くようにするといいです。

 

1 保湿美容液をつけよう!

 

まずは洗顔後に化粧水をつけてからセラミド配合美容液などの保湿成分を含んでいる美容液を多めにつけるようにします。

 

2 粉浮きする人はクリームをつける

 

ファンデーションをつける際に粉浮きするのが心配ない人もいると思います。その際には下地代わりに保湿クリームを少なめに重ねるようにするといいです。

 

ただこの際に下地用のクリームではなく、敏感肌用のクリームを使うようにすると肌への刺激が抑えられていいと思います。

 

ちなみに脂浮きしたりする可能性があるので、鼻の周りなどは塗らないようにしましょう。

 

3 時間をおくようにしよう

 

10分ほど時間をおいて、保湿美容液やクリームが自分の皮脂と自然に混ざるように少し待つようにしましょう。

 

4 ファンデーションをつける

 

少し時間を置いたら、そのままファンデーションをつけるようにしましょう。

 

つけてすぐの状態だと少し粉っぽく感じる人もいるかもしれないですが、1時間くらいすると自然と自分の皮脂が出てくるので自然な感じになってきます。

 

ちなみにファンデーションが粉浮きしてつけにくいと感じる場合は、しっとりと仕上がるタイプのパウダーファンデーションがあるのでそれを試してみるといいかもしれないです。

 

それでも違和感があるようなら練り状のファンデーションを使ってみるといいかもしれないですね。

メイク直しはどうすればいいの?

メイク直しをする際にはあぶらとり紙でそっと肌を押さえて、浮き出してきた皮脂をそっと拭くようにしましょう。

 

ちなみにこの際にはティッシュのようなものは繊維で肌を傷つける可能性があるので、控えるようにしましょう。乾燥肌の場合でも浮いた皮脂はあぶらとり紙でしっかりと残さないようにしましょう。

 

放置すると酸化して肌に悪影響を与えるようになります。

 

メイクが落ちた部分には、そこを中心にしてフェイスパウダーをつけるようにします。

 

ファンデーションを重ねてしまうと厚塗りになってしまうので注意しましょう。

乾燥肌の人はフェイスパウダーを利用するのも良い!

乾燥肌の人はフェイスパウダーを利用画像

 

パウダーファンデーションならUVカットの表示がなくてもUVカット効果があるので、是非使うようにしてみるといいと思います。

 

ちなみにUV対策にオススメなのは、パウダーファンデーションもそうですが、練り状のファンデーションもいいと思います。

 

練り状のファンデーションは顔料に少量の油分を加えて練ったものになっており、多くは固形でコンパクトタイプかスティック状の形をしています。

 

また乾燥肌でパウダータイプの商品を利用するのに抵抗があるという人はファンデーションの代わりにフェイスパウダーを活用するといいです。

 

フェイスパウダーなら乾燥肌でも利用することができるので使い勝手がいいと思います。

 

メイクの仕上げに使われることが多い、フェイスパウダーですが、ファンデーションの代わりに使うことも出来ます。

 

軽いカバー力とUVカット効果も期待することができます。

 

頬骨の高い部分は日焼けしやすい場所でもあるので、しっかりと重ねづけして対策をするようにするといいです。

お試しトライアル化粧品ヘッダー
エイジングケアお試しトライアルセットランキング画像
ニキビケアお試しトライアルセットランキング
乾燥肌対策お試しトライアルセットランキング

 

肌トラブルの原因一覧 肌トラブル解決のテクニック 肌トラブル解決のテクニック シミの悩みと解決方法 肌トラブルの原因一覧 紫外線

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る