美容化粧品雑記

デリケート肌のスキンケア方法

更新日:

肌は年齢によって変わってくるので、若い頃は正しいと思っていた肌ケアも年齢によって変えていく必要ががあります。

またデリケート肌では特にしっかりとした年齢によるエイジングケアも必要になってきます。デリケート肌でのしっかりとした正しい普段ケアのやり方についてはこちらを参考にするといいです。

デリケート肌の人だと「化粧品にかぶれやすい」「少しこすただけで赤みがでやすい」などのちょっとした刺激で肌トラブルを起こしやすいような肌質の人になります。

デリケート肌の人だとアレルギー体質などの生まれつきの要素も関係していますが、年齢とともに肌が敏感になってきたと感じているなら、セラミドが不足している可能性があります。

セラミドは保湿に非常に大事な成分になっており、肌の水分を守る働きをしている保湿物質になります。セラミドが不足すると肌に色々な影響が出てくるので注意が必要です。

デリケート肌では間違ったスキンケアでなる可能性がある

2014y05m03d_142358843

デリケート肌でセラミドが不足すると、肌の水分が抜けてしまうのはもちろんですが、肌を外部から守ってくれるバリア機能の低下も懸念されます。

では肌のバリア機能とはどのようなものなのでしょうか?

角質のバリア機能が肌を守る

肌のターンオーバーが正常に行われていると肌の角質には角質細胞同士をつなぎとめているセラミドの角質細胞間脂質が十分にあります。

このためバリア機能がしっかりと働き外部の刺激をシャットダウンすることが可能になります。

バリア機能が敏感に傾く

ターンオーバーが低下すると角質のセラミドが減少して肌の水分が失われます。

バリア機能が低下して外部刺激が肌の奥まで入り込んでしまい刺激に弱い肌になってしまう可能性があるので注意が必要になります。

このようなデリケート肌を防ぐためには普段から正しい保湿ケアでしっかりとバリア機能を守ってあげる必要があります。

さらに間違ったスキンケア方法によって自分で敏感肌を作ってしまっている人もいるので注意が必要です。

洗浄力の強いオイルやリキッドタイプのクレンジング、日焼け止め下地、リキッドタイプのファンデーションなどが乾燥肌を招いて肌を敏感にしてしまうこともあります。

デリケート肌のスキンケアのやり方とは

2014y05m17d_135925720デリケート肌でのスキンケア方法についてはしっかりと正しいケア方法が必要になってきます。

では具体的にはどのようなスキンケアをやるようにすればいいのでしょうか。

下記でデリケート肌でのスキンケア方法について載せているので参考にして見てはどうでしょうか。

ポイント自体は多くはないのでしっかりと参考にして見てください。

セラミド配合美容液で保湿強化

デリケート肌の肌のバリア機能の回復には保湿が一番大事なことになります。最強の保湿成分と言われているセラミドなどの水分と結合する成分で補うことが非常に大事になってきます。

クレンジングはクリームタイプ

クレンジング料は洗浄力がマイルドなクリームタイプを利用するようにするといいのではないでしょうか。クレンジング料は洗浄力が強すぎるとデリケート肌には良くないので、デリケート肌用のクリームタイプの商品を利用するといいです。適度な硬さがあるもののほうが肌をこすらなくていいです。

ファンデーションはパウダータイプ

ファンデーションには色々ありますが、クリームやリキッドのファンデーションは水分を含んでいるため、顔料をそこに分散させる界面活性剤や保存のための防腐剤が入っています。肌への優しさで選ぶならパウダーファンデーションがおすすです。パウダーが粉っぽくて苦手な人は固形の練りファンデーションを利用するといいです。

保湿中心のシンプルケア

デリケート肌で水がしみるくらい敏感な場合にはクリームだけをつけるようにしましょう。UV対策は肌に刺激がある日焼け止め化粧品は避けるようにして、パウダーファンデーションフェイスパウダーを利用するといいです。

上記のような感じでデリケート肌対策のスキンケアを実施するといいです。難しくはないので、できるところから取り組んでみてはどうでしょうか。

エイジングケアお試しトライアル化粧品ランキング

エイジングケアお試しトライアルセットランキング画像

ニキビケアお試しトライアル化粧品ランキング

乾燥肌対策のお試しトライアルセットランキング

乾燥肌対策のお試しトライアルセットランキング画像

-美容化粧品雑記

Copyright© 化粧品のトライアルセットおすすめ比較ランキング.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.