化粧品のトライアルセット比較ランキング.com

化粧品のトライアルセットおすすめ比較ランキング.com

シミや美肌に効果のある美白化粧品の正しい選び方

読了までの目安時間:約15分
シミや美肌に効果のある美白化粧品の正しい選び方画像

シミや美肌に効果のある美白化粧品の選び方について説明しています。

 

肌のシミや肌をキレイに見せたいという人は美白化粧品に関心が高い人が多いと思います。

 

あなたはそんな美白化粧品を選ぶ際にどのようにして商品を選んでいますか?

 

何となくパッケージの雰囲気などで選んでませんか?美白化粧品を選ぶ際にはしっかりと自分なりに基準を持って美白化粧品を選ぶことが大事になってきます。

 

実際に美白化粧品や美白に関する商品は非常に多いので、しっかりと基準を持って商品を選ばないと、どれを選んだらいいのかわからないということになりかねないです。

 

まずは下記から美白化粧品について知っておきましょう。

 

シミや美肌に効果のある美白化粧品とは?

シミや美肌に効果のある美白化粧品とは画像

 

美白化粧品によってシミ予防やシミを消すことができたら良いと思って利用している人が多いですが、意外と美白化粧品について知らない人が多いんですよね。

 

肌にできてしまったシミを消したいと思っているならシミと美白化粧品の関連を知っておくことは基本中の基本になります。

 

肌のシミの原因はメラニン色素になります。

 

紫外線などを皮膚に受けると、紫外線によるダメージから肌を守るためにメラニン色素を生成します。

 

この生成されたメラニン色素がシミとして肌の表面に現れてくるのです。

 

よく紫外線を浴びるとシミができるといわれているのはこういった所に原因があります。

 

通常は肌のターンオーバーによって自然に消えていくのですが、このターンオーバーが遅れたり、異常が出たりするとシミがそのまま残ってしまうことがあります。

 

こういったシミに効果があるのが美白化粧品になります。

 

基本的に美白化粧品に入っている成分は、肌を本来よりも白くしたり、できてしまったシミを消すという効果ではなく、日焼けなどによってできたシミを本来の肌の色に戻したり、できてしまったシミやそばかすなどを改善したり予防していくというのが実際に効果です。

美白化粧品の選び方の基準とは?

美白化粧品の選び方の基準画像

 

美白成分を配合しているのが美白化粧品ですが、美白化粧品には医薬部外品指定の成分が含まれているものと、そうでないものがあります。

 

必ずしも医薬部外品の方が効くというわけではありませんが、自分で選ぶ自信がない場合は医薬部外品から選ぶといいと思います。

 

他にも美白化粧品を選ぶ際には大事なポイントがあるので下記を参考にして選び方を知っておくようにしましょう。

美白成分が入っているのかしっかりとチェック!

よく化粧品のパッケージが白っぽかったり、ホワイト○○と書いてあったりしたら勝手に美白化粧品だと思い込んでませんか?

 

何となく美白成分が入ってそうなものでも、実際に配合成分をチェックしたら美白成分が入ってないというケースが結構あります。

 

そのためしっかりと美白成分が入っているのか確認する必要があります。

 

よくわからないという人の場合はとりあえず、医薬部外品を選ぶというのも一つの手段だと言えると思います。

 

医薬部外品は医薬品と化粧品の中間に位置しているもので、厚労省が有効性を認めた成分を配合したものになります。

 

美白化粧品はシミ対策として必須なのでそういった意味でも医薬品効果に近いとされている医薬部外品を選ぶようにするというのは理にかなった選び方と言えると思います。

 

美白成分自体は結構いろいろあるのでどれが一概に効果があるとは言えないです。人によって体質などがあるので実際に利用してみないと本当に効果があるのかは判断することはできないです。

 

ただよく言われている効果的な美白成分としては、ビタミンC誘導体や、コウジ酸、ハイドロキノンなどがあげられます。

肌で試しながら選ぶのがポイント

美白成分は非常に多種多様で色々なものがあるので「この成分が効果的ですよ!」とオススメ商品を紹介しても、その商品が100パーセント効果あるかどうかはわからないです。

 

人には肌質があるので実際に利用してみないと、どの美白成分があなたに合うかは判断できないからです。

 

そうした中でどれが自分に合うのか探すのが大事になっています。

 

ではどうやって探せばいいのかというと、それは自分で試しながら探していくしかありません。

 

理由は、人によって合う成分とそうでない成分があるので、実際に試さないと、どの成分が合ってどの成分が合わないのかわからないのです。

 

ちなみに美容皮膚科では、ビタミンC誘導体カモミラETなどの抗炎症効果のある成分をよく使います。

 

これらの成分はかぶれにくいだけでなく、エイジング効果も同時に期待できるので、ビタミンC誘導体とカモミラETが入っている美白化粧品から試してみてはどうでしょうか?

オススメの美白成分はどのようなもの?

オススメの美白成分画像

 

美白化粧品を購入する際には、当然ながら美白成分が入っているかを確認する必要があります。

 

美白化粧品っぽいものを購入しても、美白成分が入ってないケースがあるので確認は必要です。

 

しかし確認するとは言っても美白成分が具体的にどのようなものか知っていないと確認のしようがないですよね。

 

そこで下記で厚労省が認めている美白成分について載せているので、美白化粧品を選ぶ際の参考にしてはどうでしょうか?

厚生労働省が認めている美白成分

厚生労働省が認めている美白成分にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

美白化粧品の成分についてはあまり詳しくない場合には、とりあえずは下記のような成分を参考にして美白化粧品を選ぶようにしましょう。

 

美白化粧品を選ぶ際に是非参考にしてください。

 

  • ビタミンC誘導体
  •  

    リン酸型ビタミンCなど、ビタミンCを肌に吸収し易い形に変えたものになります。

     

    抗酸化作用があり、アンチエイジングニキビの炎症を抑える効果もあるので、非常に役立つ美白成分になります。

     

  • アルブチン
  •  

    もともとは苔桃から抽出された成分になります。

     

    濃度が高いと肌に刺激になるので注意が必要です。

     

  • コウジ酸
  •  

    みそやしょうゆなど、殺菌由来の成分になります。

     

  • エラグ酸
  •  

    いちご由来の成分になります。

     

  • ルシノール
  •  

    北欧のもみの木に含まれている成分をヒントにしてつくられた成分になります。

     

    ちなみにルシノールは商標名で化学名は「4-n-ブチルレゾルシノール」といいます。

     

  • リノール酸
  •  

    サフラワー油などの植物油から抽出されます。

     

  • カモミラET
  •  

    ハーブのカモミールに含まれる成分になります。

     

    抗炎症作用も併せ持ちます。

     

  • トラネキサム酸
  •  

    もともとは抗炎症剤として使われてきたトラネキサム酸を美白成分として開発したものになります。

     

  • 4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)
  •  

    慢性的なターンオーバーの不調に着目して研究開発された成分になります。

     

  • マグノリグナン
  •  

    植物に含まれる天然化合物をモデルにしてつくられた成分。

     

  • プラセンタエキス
  •  

    豚の胎盤から抽出された成分になります。

     

  • 油溶性甘草エキス(グラブリジン)
  •  

    甘草という漢方薬から抽出した成分になります。

     

    消炎作用もあるので、使用してもかぶれにくく、肌の弱い人でも比較的使いやすい成分になります。

     

  • ロドデノール
  •  

    ロドデノールは白樺の樹脂に含まれている天然の成分になります。

     

    チロシナーゼ活性を阻害することで、メラニンの生成を抑えることができます。さらに肌の色調への関与が大きいと言われている黒色メラニンの生成を優先的に抑制する働きもあります。

     

  • ハイドロキノン
  •  

    ハイドロキノンは欧米ではかなりポピュラーな美白成分なのですが、肌への刺激があるということで、日本では使用が規制されていました。

     

    ただ2001年に規制緩和で化粧品への配合が可能になっています。チロシナーゼ抑制の効果がありますが、濃度が高いと肌への刺激が少し強いという側面があります。

    美白化粧品の種類と形状

    美白化粧品の種類と形状画像

     

    美白化粧品には化粧水から美容液、乳液、クリーム、マスク、などいろいろなアイテムがあります。

     

    おそらくどれを使ったらいいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

     

    大事なのは美白ケアは毎日行うことに意味があるのことなので、サラッとした美容液などの取り入れやすいアイテムを選ぶのが賢明です。

     

    また美白マスクを愛用している人が多いみたいですが、時々しか使わないようであればあまり意味はありません。

     

    美白美容液などを毎日つかいつつ、マスクも定期的に使用するようにしましょう。

     

    美白化粧品を選ぶ際には、毎日使うことを前提にして自分が使いやすいと思っているものを利用するのが一番いいと思います。

    美白化粧品の成分は人によって効果が違う

    美白化粧品の成分は人によって効果が違う画像

     

    上記のような成分が厚生労働省が認めている美白成分になります。

     

    まずは上記の成分が含まれているのか確認してから、美白化粧品を選ぶようにするといいと思います。

     

    美白成分だけでもこれだけあるので、どれがいいのか悩むという人もいると思いますが、美白成分は人によって相性があるので、どれがよく効いて、どれが効かないのかは人によって違います。

     

    何度もいいますが、多くの成分を試すようにして、どれが自分に一番あった美白成分なのかを自分で確かめることが大事です。

     

    上記をチェックリストにして、一つ一つ試すのもいいと思います。

     

    また美白化粧品を利用したからといって、1週間や2週間で効果が出るとは限らないということは理解しておきましょう。

     

    美白化粧品は医薬品ではないので効果が実感できるまでには数ヶ月くらいはかかると思ったほうがいいです。

     

    ただ色々な美白化粧品を利用していると費用も大きくなるので、トライアルセットなどのお試し化粧品などから利用していくと費用も安くて効率的だと思います。

     

    当サイトではトライアルセットなどのお試し化粧品の比較ランキングを載せているので美白化粧品を利用する際には参考にしてみてはどうでしょうか。

     

    お試しトライアル化粧品ヘッダー
    エイジングケアお試しトライアルセットランキング画像
    ニキビケアお試しトライアルセットランキング
    乾燥肌対策お試しトライアルセットランキング

     

    化粧品の使い方と種類 化粧品の使い方と種類 美白化粧品

    この記事に関連する記事一覧

    TOPへ戻る