シミのタイプ「雀卵斑(ソバカス)」の特徴と治療法と治し方

化粧品のトライアルセットおすすめ比較ランキング.com

シミのタイプ「雀卵斑(ソバカス)」の特徴と治療法と治し方

読了までの目安時間:約3分

シミのタイプの一つである雀卵斑は一般的に若い人でもできるシミになります。

 

雀卵斑というとピンとこない人もいると思いますが、「ソバカス」というと分かりやすいと思います。

 

一般的には小さいシミの事をソバカスと呼んでいますが、厳密には移転的なものだけを指して呼びます。

 

具体的に雀卵斑(ソバカス)はどのような特徴があるのでしょうか?

 

まずは下記を参考にしてください。

 

雀卵斑(ソバカス)の特徴について

 

遺伝的な影響が強い雀卵斑(ソバカス)は10代のころからでき始め、小さく茶色いシミが鼻の中心に散らばるようにできるのが特徴です。

 

シミの形をよく見てみると、ひとつひとつの形が円というよりは三角や四角になっているのがわかります。

 

白人に多く見られますが、日本人にも見られるのが特徴になります。

 

雀卵斑(ソバカス)の美白化粧品の効果について

 

美白化粧品の雀卵斑(ソバカス)への効果は理論的には効果があるとされているみたいです。

 

しかし遺伝的な要素が強い影響のためか、そこまで大きな効果はないみたいです。

 

雀卵斑(ソバカス)の治療法と治し方について

 

雀卵斑(ソバカス)の治療方法と治し方についてはレーザーでの治療が効果的なようです。

 

ただ遺伝的な要素があるので、再発することもあるようです。

 

※シミの中で唯一遺伝的な要因でできるシミ

 

雀卵斑(ソバカス)は遺伝的な要因が強いので、スキンケアを頑張ってもできてしまうことが多いシミになります。

 

消すことはできますが、再発する可能性のある意外とやっかいなシミと言えます。

 

お試しトライアル化粧品ヘッダー
エイジングケアお試しトライアルセットランキング画像
ニキビケアお試しトライアルセットランキング
乾燥肌対策お試しトライアルセットランキング

 

タグ :    

肌トラブル解決のテクニック 肌トラブル解決のテクニック シミの悩みと解決方法

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る