化粧品のトライアルセット比較ランキング.com

化粧品のトライアルセットおすすめ比較ランキング.com

クレンジングの人気おすすめ商品の選び方と使い方を徹底解説

読了までの目安時間:約15分
クレンジングの人気おすすめ商品の選び方を使い方を徹底解説画像

クレンジング洗顔料などを使っている人は多いです。というか普段からメイクをしている人は普通に使っていると思います。

 

しかし意外とクレンジング料について間違った選び方使い方をしている人が多いように感じます。

 

そこで私が人気おすすめのクレンジングの選び方と具体的な使い方について解説しています。

 

クレンジングの選び方と使い方をまとめて徹底解説しているので、これを機会に正しいクレンジングのやり方について知っておきましょう。

 

まずはどうしてクレンジングが必要なのかという目的について解説していこうと思います。

 

クレンジングの目的について知ろう!

クレンジングの目的画像

 

クレンジングは毎日しっかりと行っている方もいると思いますが、そもそもクレンジングとは何かご存知でしょうか?

 

もちろん知っているという方もいると思いますが、一応具体的にどんな目的があるのか紹介しようと思います。

 

ここでしっかりとクレンジングの意味についてしっかりと理解していきましょう。

 

クレンジングの目的は簡単に言ってしまうと、油性のメイクを落とすこという効果の一言につきると思います。

 

メイクをしたら必ずクレンジングをしていると思いますが、そもそもクレンジング剤は何でできているのでしょうか?

 

クレンジングは油分と界面活性剤でできています

クレンジングはやらない方がいいスキンケア

クレンジングはメイク落としに使うものですが、上記でも解説したように界面活性剤でできています。

 

メイクの油分は水では洗い流せないので、同じ油分を使って浮き上がらせる必要があります。

 

そして浮き上がらせた油分を水で洗い流す際に油分と水の橋渡し的な役割として界面活性剤を利用するという事です。

 

界面活性剤は肌への刺激が強いので、顔などの皮膚が薄い部分がある場所にはあまり使いたくないものです。

 

しかしメイクを落とすには界面活性剤が必要なので仕方なく利用するという感じです。

 

そのため肌への刺激を考えると、できるだけクレンジングは使用しない方がいいというのが本音です。

 

つまり仕方なく使用するものだと理解しておくといいです。

クレンジング料の種類と選び方とは

クレンジング料の種類と選び方画像

 

クレンジング料と一言で言っても色々なタイプの商品があるのはご存知でしょうか?

 

大きく分けると5種類のクレンジング料に分類することができます。

 

シートタイプ、オイルタイプ、ジェルタイプ、クリームタイプ、ミルクタイプの5つに分類することができます。

 

ではこの5つのクレンジング洗顔料の中でどのタイプのクレンジング料を選べばいいのでしょうか?

 

まず何を基準に選ぶ必要があるのかという事を知る必要があります。

クレンジングはメイクの濃さを基準に選ぶ

クレンジング洗顔料を選ぶ際にはメイクの濃さを基準に選ぶのが一番確実です。

 

メイクを落とす力が強い順に並べると、オイルタイプ、クリームタイプ、ジェルタイプ、ミルクタイプという感じになります。

 

メイクが濃い場合はメイクを落とす力が強いものを選ぶのがいいと思います。

 

ただメイクを落とす力が強いものはそれだけ肌にかかる負担も大きいことを覚えておいてください。

 

オイルタイプのものはメイクが簡単に落ちるという理由で結構使っている方が多いですが、それだけ界面活性剤を多く使っており、肌への負担が大きいです。使用するのはメイクが濃い日だけにしておきたいですね。

 

ジェルタイプも界面活性剤が多く含まれているため、肌への負担が大きいです。

 

シートタイプは、油分を使ってない分だけ界面活性剤を多く配合しており、肌への刺激が一番大きいです。オイルタイプより肌への負担が大きいので、できるだけ使わないようにした方が無難だと思います。

メイクが薄い人にはミルクタイプのクレンジング

ミルクタイプは肌に非常にやさしい作りなっています。

 

ただ水分が多いため、メイクになじむまでに時間がかかるので、メイクを落とす力は一番弱いです。

 

メイクの薄い人にオススメのクレンジング料と言えると思います。

一番おすすめのクレンジングはクリームタイプ

一番おすすめなのがクリームタイプです。

 

油分と水分のバランスが一番よく、肌への刺激も強くはないのでオススメです。

 

その中でも少し硬めのテクスチャータイプのものを選ぶといいと思います。

 

普段使うのにオススメなのがクリームタイプで、メイクが濃い場合はオイルタイプ、メイクが薄い場合はミルクタイプという感じで使い分けるといいと思います。

 

メイクの濃さによっておすすめのクレンジング料は違ってくるので、自分のメイクの状況によって使い分けるようにするといいです。

 

迷ったらとりあえずはクリームタイプのクレンジングを選んでおくといいかもしれないですね。

クレンジングのやり方と使い方について

クレンジングのやり方と使い方画像

 

クレンジングはメイクを落とすという役割の事になりますが、このクレンジングという事自体が、すでに少なからず肌に負担をかける行為なので、できるだけ負担の少ない方法でやるべきです。

 

正しい方法と適切なクレンジング洗顔料の量を守ることで、肌への負担を少しでも減らすうようにすることが美肌への道につながります。

 

意外と知らない人が多い、クレンジングの正しい方法について知っておおきましょう。

では具体的にどのような手順でクレンジングを実践していけばいいのでしょうか?

 

① クレンジング洗顔料を適量手に取る

 

まずはクレンジング洗顔料の適量の半分を手の平にとります。

 

ちなみに適量についてはクレンジング料の説明書を見ると記載してあると思います。

 

② Tゾーンからなじませる

 

皆さんはまずどこから洗っていきますか?

 

私は最初額から洗っていたのですが、正しい洗顔法では、顔の皮膚の比較的強い部分である額から鼻にかけてのTゾーンからなじませるようにするようです。

 

Tゾーンにクレンジング洗顔料を載せて、指の腹を使ってメイク部分となじませていきましょう。

 

③ Tゾーンの次はUゾーンへ

 

残りの半分のクレンジング洗顔料を手に取り、頬などのUゾーンにクレンジング洗顔料を伸ばしていきます。

 

この際にできるだけ優しい力加減で行うようにしてください。

 

卵を割らない程度の力加減で行うのが理想です。

 

④ 目元や口元にもなじませる

 

最後は一番皮膚が弱い部分である、目元や口元等の細かい部分にクレンジング洗顔料を伸ばしていきます。

 

唇の下小鼻の部分は汚れが残りやすいので、丁寧に優しいく、メイクとクレンジング洗顔料をなじませるようにしましょう。

 

⑤ 最後はぬるま湯で手早く洗い流す

 

④まですべて終わったら、ぬるま湯で手早く洗い流すようにします。

 

この時のぬるま湯は人肌くらいの温度が理想的です。

 

上記のような感じでクレンジングをするようにするといいです。

 

最初は手順がめんどくさいと思うかもしれませんが、毎日行うことなので、実践するのとしないのとでは後から大きな差になってくると思います。

 

また日ごろからやることなので、慣れてくると意識せずに普通にできるようになってくる事なので、慣れないうちは我慢しながらやってみてください。

クレンジングは手早く40秒でやろう

クレンジングでは上記のような感じで行うといいと思いますが、そうした中でもできるだけやさしく、手早く行うのが鉄則になります。

 

40秒でクレンジング料をなじませるようにして、20秒で洗い流すのが大事になってきます。

 

トータルで1分間くらいで終わらせるようにするのが理想になります。

 

クレンジングの後には洗顔をするので、クレンジングの段階で汚れの6割程度が落ちていれば問題はないです。

 

やり方自体はそこまで難しくはないので慣れればトータル1分くらいでクレンジングを終わらせることは可能だと思います。

 

クレンジング料は肌に優しいクリームタイプで洗い流せるものを利用するようにするといいと思います。

クレンジングでやりがちな間違ったやり方

クレンジングでやりがちな間違ったやり方画像

 

クレンジングを普段やっている人の中には間違ったやり方で肌にダメージを与えている人が多いです。

 

では実際にクレンジングをする際に注意しなければならない事や、やってはいけない事はあるのでしょうか?

 

クレンジングで注意するべき4つの事があるので、クレンジングの際は是非とも下記の事に注意して実践してみてください。

ゴシゴシと肌をこすらない

クレンジングの際はメイクを落とすことに集中する為、肌をゴシゴシと擦ってしまう方がいますが、これはよくありません。

 

肌をこすることによって、角質を傷付けてしまうからです。

 

角質が傷つくことによって、肌荒れや肌トラブルが発生する原因になります。

クレンジング料をケチらない

毎日のように使うクレンジング料なので、使う量をケチってしまう方がいると思いますが、これもオススメできません。

 

肌になじませるクレンジング料の量が少ないと、それだけ洗う際に摩擦が大きくなるので、肌を傷つける原因になってしまいます。

クレンジングに時間をかけすぎない

あまり長くクレンジングに時間をかけていると、メイクは落ちても肌の潤いも一緒に取れてしまうので、乾燥肌の原因になります。

 

クレンジングは肌に負担がかかるので出来るだけ短時間で終わらせた方がいいです。

 

すすぎまで含めて1分くらいで終わらせるのが理想的です。

冷水や熱湯ですすがない

クレンジング料をすすぐ際にはぬるま湯がベストだと解説していますが、しっかりとした理由があります。

 

冷水ですすぐと、メイクやクレンジング料の油分が固まってしまって、汚れが落ちにくくなります。

 

また熱いお湯ですすいでしまうと、肌の乾燥を促す結果になってしまうので、オススメできません。

 

すすぐ際はぬるま湯で手早く洗い流してください。

 

クレンジングではこういったことをやりがちなので、一度自分のクレンジングのやり方について見直してみましょう。

クレンジングなどの化粧品はお試しトライアルで試そう

クレンジングなどの化粧品はお試しトライアル画像

 

クレンジングを含めて化粧品を選ぶ際にはトライアルセットなどを利用して自分に合っているか試してから本格購入した方がいいです。

 

化粧品については色々な商品が出てきているので、どれを選んだらいいのか判らないと言う人も多いです。

 

クレンジングでも形状だけで5種類もあるので、各メーカーの商品のことを考えるとかなりの量になります。

 

もちろんクレンジングだけでなく、他の洗顔料や美容液なども含めるとかなりの数になります。

 

こうした星の数ほどある化粧品の中で自分に少しでも合う化粧品を探すのは非常に大変ですし、お金もかかります。

 

しかし化粧品のお試しトライアルセットなら、複数の化粧品を1000円台くらいで試せるので非常にお得です。

 

当サイトでは肌の悩み別にトライアルセットを紹介しているのでよかったら下記を参考にしてください。

お試しトライアル化粧品ヘッダー
エイジングケアお試しトライアルセットランキング画像
ニキビケアお試しトライアルセットランキング
乾燥肌対策お試しトライアルセットランキング

 

化粧品の使い方と種類 化粧品の使い方と種類 クレンジング料

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る