化粧品のトライアルセット比較ランキング.com

化粧品のトライアルセットおすすめ比較ランキング.com

オイリードライ肌(混合肌)の原因とスキンケア改善法

読了までの目安時間:約13分
オイリードライ肌(混合肌)の原因とスキンケア改善法画像

オイリードライ肌(混合肌)についてどのようなスキンケア方法で改善していくのがいいのか解説しています。

 

またオイリードライ肌(混合肌)の原因や特徴なども解説しているので、自分がオイリードライ肌(混合肌)などではないかと思っているなら詳しいスキンケア方法を参考にしてはどうでしょうか。

 

ちなみに日本人の多くはオイリードライ肌(混合肌)に該当するので、普段のスキンケアで悩んでいる女性は参考になるのではないでしょうか。

 

まずはオイリードライ肌(混合肌)の特徴について下記で解説しています。

 

オイリードライ肌(混合肌)特徴とは

オイリードライ肌(混合肌)特徴とは画像

 

オイリードライ肌(混合肌)とはその名前が指し示すように、脂性肌(オイリー肌)と乾燥肌が交じり合ったような肌質のことを言います。

 

もっと具体的に言うと、TゾーンとUゾーンの肌質が違う場合を指す肌質と理解するといいです。

 

そもそもオイリードライ肌(混合肌)という肌質のタイプはないとされていますが、日本人の多くがこのタイプの肌質なので話題になっているという感じだと思います。

 

ちなみに多くの日本人の場合は、Tゾーンはベタつくようになっており、Uゾーンはカサつくという感じで肌質が対照的になっています。

 

こうして見ると、フェイスラインあたりがカサつくような感じで、鼻の周り辺りがベタつくという感じなので、ごく一般的な肌の特徴と言ってもいいのではないでしょうか。

 

実際に自分で触ってみても、Tゾーンは皮脂でベタついて、フェイスラインはカサついているというのはすぐに分かると思います。

オイリードライ肌(混合肌)の原因

オイリードライ肌(混合肌)の原因画像

 

オイリードライ肌(混合肌)は一般的な日本人の肌質とも言える症状なのでそこまで大きな原因というのはないですが、こういった肌症状を加速させる原因はあります。

 

オイリードライ肌(混合肌)の場合だと、肌が乾燥肌の部分の脂性肌の部分が混在するのでスキンケアが非常に面倒です。

 

こういったオイリードライ肌(混合肌)の症状を加速させないためにもその原因についてはしっかりと知っておくことが大事になります。

 

オイリードライ肌(混合肌)の原因一覧

・ホルモンバランスの乱れ

・生まれつきの体質

・紫外線による肌ダメージ

・間違ったスキンケアによる肌への負担

ホルモンバランスの乱れ

オイリードライ肌(混合肌)に限ったことではないですが、こういった肌環境の変化やトラブルについてはホルモンバランスの乱れが大きく関係しています。

 

特に女性の場合には生理前後に肌の調子が変わることは良くあることではないでしょうか。

 

もちろん個人によっては差ありますが、生理前後にニキビができやすくなったりするのが良い例だと思います。

 

女性ホルモンの分泌量が肌に影響を与えることから、他にもストレス睡眠不足もホルモンバランスの乱れに繋がってくるので注意が必要です。

 

オイリードライ肌(混合肌)はこのように普段の生活環境によって、ホルモンのバランスを通して影響を与えてくるので気を配るといいです。

生まれつきの体質

肌質は基本的には生まれつきの要素強いので、元来の核となる原因は遺伝ということに集約されます。

 

そもそも日本人の多くがオイリードライ肌(混合肌)ということからも、遺伝的に日本人はオイリードライ肌(混合肌)が普通だということが言えます。

 

まあ、遺伝だと言い切ってしまうと元も子もないのですが、オイリードライ肌(混合肌)であまりに乾燥肌の部分と脂性肌の部分に落差があると、非常に肌ケアが大変になります。

 

そのため乾燥肌の部分には潤いをしっかりとケアしたり、脂性肌の部分には皮脂が過剰分泌しないように注意したりなどのケアが大事になります。

紫外線による肌ダメージ

オイリードライ肌(混合肌)の症状を加速させる原因としては、他にも肌へのダメージがあげられます。

 

肌へのダメージで一番大きいのが紫外線になります。他にもエアコンによる乾燥など肌へのダメージは色々な部分であります。

 

しかしやはり肌には紫外線が一番大きなダメージといえます。

 

特にTゾーンは紫外線を浴びやすい部分になっており、肌は紫外線からTゾーンを守るために皮脂を過剰分泌してしまいます。

 

そうなるとフェイスラインとTゾーンで肌質の違いが顕著になってきてしまうので、オイリードライ肌(混合肌)の原因に繋がります。

間違ったスキンケアによる肌への負担

オイリードライ肌(混合肌)の場合には間違ったスキンケアで症状を加速させることも少なくないです。

 

化粧品を利用する際に、オイリードライ肌(混合肌)だと思わずに何となくで化粧を選んでいる人が意外と少なくないです。

 

また自分が乾燥肌だったり、脂性肌だと思い込んでケアしている人もいます。

 

しかしオイリードライ肌(混合肌)は乾燥肌と脂性肌の両方の部分があるので、乾燥肌用のスキンケアとして乳液やクリームを使うと、脂性肌の部分にさらに油分が足されるので症状が悪化しまう。

 

逆もありえて、脂性肌だと思って脂性肌向けのケアをすると、乾燥肌の部分がさらに乾燥しやすくなったりして、オイリードライ肌(混合肌)の症状を深刻にする原因になります。

オイリードライ肌(混合肌)のチェック方法や見分け方

オイリードライ肌(混合肌)のチェック方法や見分け方画像

 

オイリードライ肌(混合肌)だと予め分かっていれば、それに対応したスキンケアが行うことができますが、自分の肌質をチェックする方法はどういった方法があるのでしょうか。

 

最近だとネットとかでも自分の肌質の診断を行えるような簡単な質問シートのようなものがありますが、自分でチェックすると主観が入るんですよね。

 

そのため自分で肌質をチェックする方法もあるのですが、個人的には専門家の診断が受けられるコスメカウンターを利用して、機械などを使って客観的に診断してもらうのがいいと思います。

 

ちなみに肌質は年齢や生活環境などによっても変化していったりするので、小まめに診断するといいです。

 

肌質に関して一度診断してずっと自分がその肌質だと思いこんでいる人がいるので注意が必要です。

 

自分の肌質のチェックについては下記が参考になるので参考にしてください。

 

参照:オイリードライ肌(混合肌)か見分ける方法

オイリードライ肌(混合肌)のスキンケアと改善法

オイリードライ肌(混合肌)のスキンケアと改善法画像

 

オイリードライ肌(混合肌)の場合ではTゾーンとUゾーンで肌の質が違ってくるので、どちらに合わせてケアをすればいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

 

そのためお手入れで迷った場合にはUゾーンに合わせるといいです。

 

Uゾーンの肌質は弱く、乾燥しやすいので、洗い方や保湿は慎重にやるべきだからです。

 

またUゾーンの皮膚は個人差が激しいので、合うスキンケアはそれぞれで違ってきます。

 

そのためまずはUゾーンに合わせてスキンケアを行うようにしましょう。

 

ちなみにTゾーンは皮膚が丈夫なので、どうしてもテカりが気になるなら、洗顔後には何もつけずに放っておいても問題はないです。

 

逆にUゾーンでのケアを使い過ぎるとニキビのもとになるおそれもあります。

 

他にも額の皮膚は医学的には頭皮の一部になります。

 

つまり頭皮同様に、ケアはそんなに必要なく、洗いっぱなしでも問題はありません。

 

他にも下記のようなことに気をつけてスキンケアを行いましょう。

 

オイリードライ肌(混合肌)のスキンケア改善の考え方

・ホルモンバランスを整えるようにする

・保湿は乾燥部分もテカリ部分もしっかり行う

・乾燥しやすいUゾーンにだけクリームを使う

ホルモンバランスを整えるようにする

ホルモンバランスは上記でも記載しましたが、肌トラブルを多発させる大きな原因につながるので普段から気をつけることが大事になりますが。

 

具体的にはストレスを避けることが一番大事なことだと思っていいと思います。

 

やはりストレスは肌環境に非常に大きな悪影響を与えます。他にも睡眠も非常に大事な要素になります。

 

そもそも睡眠によって肌へのダメージが修復されるので、その睡眠時間が不足すると肌環境は悪化てい回復しない状況でさらにダメージを負っていくので、どんどん環境が悪化していきます。

 

また睡眠不足はストレスにも繋がるので悪影響が連鎖します。

 

オイリードライ肌(混合肌)を加速させないためにも気を配りましょう。

保湿は乾燥部分もテカリ部分もしっかり行う

オイリードライ肌(混合肌)の場合だと、乾燥している部分に重点的に保湿を行って、テカリがある脂性肌の部分には保湿をしない人もいるのではないでしょうか。

 

何となくテカリがある脂性肌の部分は潤っているように見えるので、過剰な保湿は逆効果になると思っている人も多いです。

 

しかし実際には保湿は乾燥肌の人も脂性肌の人も必要なことです。

 

そもそも保湿は肌の脂を補給するものではなく水分を補給するものです。

 

つまり脂性肌の部分が水分で潤っているかというのは別の問題ということです。

 

そのためオイリードライ肌(混合肌)の場合でもしっかりと保湿ケアを行うのは大事なことになります。

乾燥しやすいUゾーンにだけクリームを使う

オイリードライ肌(混合肌)のスキンケアで大事なのは、乾燥肌と脂性肌の部分が混在しているということを忘れずにスキンケアを行うことです。

 

オイリードライ肌(混合肌)の場合にはUゾーンが乾燥している場合が多いので、Uゾーンについてはしっかりと保湿ケアした後に、水分を逃さないようにクリームなどを使ってフタをすることが大事です。

 

これは乾燥肌の基本的なことなので知っておきましょう。

 

ただこういったクリームの利用は皮脂が不足している部分だけでいいので、Tゾーンなどの皮脂が多い部分には使用しないことが大事になります。

 

Tゾーンにクリームなどを利用するとギトギトになるので、オイリードライ肌(混合肌)の場合にはスキンケアにもメリハリが大事になります。

お試しトライアル化粧品ヘッダー
エイジングケアお試しトライアルセットランキング画像
ニキビケアお試しトライアルセットランキング
乾燥肌対策お試しトライアルセットランキング

 

肌の基本情報

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る