アウトドアや生理前のUVケア(日焼け止め対策)

化粧品のトライアルセットおすすめ比較ランキング.com

生理前やアウトドアでのUVケア(日焼け止め対策)

読了までの目安時間:約10分

通常のUVケア(日焼け止め対策)についてはこちらからご覧になっていただければいいと思いますが、アウトドア等の紫外線を浴びやすいような状況の日焼け止め対策はどうすればいいのでしょうか?

 

普通に考えると通常よりもさらに念入りにUVケア用品を使うというのは想像できます。

 

また意外と軽視している人も多いですが、生理前の紫外線対策も結構大事なことです。

 

では具体的にどのようにUVケア(日焼け止め対策)するのでしょうか?

 

まずはアウトドアと生理前のUVケア(日焼け止め対策)の詳細情報を下記からご覧ください。

 

アウトドアのUVケア(日焼け止め対策)

2015y02m20d_141447223

 

紫外線量が多いシーンとして、夏の海や山、冬のスキー場等があげられると思います。

 

レジャーシーズンになるとこういった日焼け止め対策は女性には必須のことです。

 

紫外線を浴びやすい状況で、しっかりと紫外線対策をできる人が将来まで若々しい肌を保つことができるのです。

 

こうった場合には日焼け止めとパウダーファンデーションをダブルで使うようにするといいです。

 

ではどのような日焼け止め化粧品を選ぶようにすればいいのでしょうか?

アウトドアでの日焼け止め化粧品の選び方とは?

日焼け止め化粧品にはローションタイプやスプレータイプ、ジェルタイプ、クリームタイプや乳液タイプなど色々あります。

 

ローションタイプとスプレータイプ、ジェルタイプはベタつきや白浮きしないので人気ですが、肌への刺激が強い紫外線吸収剤が主成分になっていることが多いです。

 

アウトドアの場合はUVケア用品も通常よりもSPFとPAが高めのものを使うようにするといいと思います。

 

ちなみにこういう場合もノンケミカルのものを使う方がいいですが、2、3日くらいしか使わないのであれば、紫外線吸収剤入りの物を使ってもいいと思います。

 

ノンケミカルの商品はクリームタイプや乳液タイプにの商品に多いので成分表示で確認するようにしましょう。

 

ただノンケミカルは肌を乾燥させることがあるので一長一短という感じなので、自分の肌で試して選ぶようにすると確実です。

 

またウォータープルーフを使う場合は製品の指示通りにしっかりとクレンジングをしましょう。

 

普通はこういう肌への刺激が強いものを使わない方がいいので、アウトドア等の場合に限りという事を意識するといいと思います。

 

海での紫外線対策の方法(日焼け対策)

海に入るような季節の紫外線は多くなっており、紫外線のピークは6月から7月になります。

 

夏の海では砂浜や水面ともに紫外線の反射量が多いので、耳の後ろなどまですきのないUVケアをするようにするといいです。

 

海やプールなどで使用する場合にはウォータープルーフタイプのものを利用すると崩れにくいと思います。

 

また海では紫外線が強いので「SPF50・PA+」ぐらいの日焼け止めを使ってもいいと思います。

 

また2時間に1回くらい日焼け止めを塗りなおすようにすると良いといわれています。

山での紫外線対策の方法(日焼け対策)

山は涼しいから紫外線は少なそうなイメージがある人がいるみたいですが、それは間違いです。

 

山は標高かが高いだけでなく、空気が澄んでいるのでそれだけ紫外線を浴びる量が増えると思っていいです。

 

涼しくて曇っているような場合でも油断は禁物ということです。

 

とは言っても海と違って服は着ているので、顔の紫外線対策が中心になってきます。そういった意味では海よりは日焼け対策はしやすいと思います。

 

山の場合には「SPF30からSPF50・PA+」くらいの商品を利用すればいいのではないでしょうか。

スキー場での紫外線対策の方法(日焼け対策)

草地や土の紫外線反射率は10パーセント以下であるのに比べて、新雪の紫外線反射率は80パーセントというデータがあります。

 

そのため普通の土と比べると新雪は8倍も紫外線を反射して人間に当たると言うことになります。

 

スキー場での紫外線対策は必須と言えるのではないでしょうか。

 

冬場なので意外と紫外線対策を疎かにしている人も少なくないですが、こういった部分でしっかりと紫外線ケアできると差がついてくると思います。

 

スキー場での紫外線ケアは顔に行うことになりますが、特にゴーグルから出ている部分はしっかりとケアするようにしましょう。

 

あるいはゴーグル以外の顔の部分を隠すようなものを利用するのも一つの方法です。

 

また冬場は肌が乾燥しやすいので保湿ケアもしっかりと行うといいと思います。

敏感肌の人のレジャーでのUVケアは?

2015y02m20d_143245695

 

敏感肌の人の場合だと、どうしても日焼け止めをつけると肌が負けてしまうと言う人もいると思います。

 

そういった場合にはどうすればいいのでしょうか?

 

敏感肌の人の場合は、日焼け止めを使わずにパウダーファンデーションをひたすら厚塗りするようにして、帽子やサングラスを活用するのがいいと思います。

 

単純な方法ではありますが、日焼け止めを使わないなら防止などの活用は必須だと思います。

 

パウダーファンデーションは場合によっては日焼け止めよりも紫外線ケア効果が高いので肌の弱い人は常備しておくといいと思います。

生理前や妊娠中のUVケア(日焼け止め対策)

2015y02m20d_142725998

 

何で生理前は紫外線対策が重要なの?と思う方もいると思います。

 

生理前というのは黄体ホルモンの分泌が多くなります。黄体ホルモンは紫外線感受性を高める効果があるので、この時期になると日焼けしやすくなってしまうのです。

 

また妊娠中やピルを服用している時も同様になります。

 

ただ妊娠をきっかけにシミが増えてしまうという人が多いのは、ホルモンの影響だけではないみたいです。

 

体調がすぐれないためスキンケアがおざなりになってしまったり、妊娠をきっかけにスキンケアがおざなりになったり妊娠をきっかけに休職したことで、メイクしなくなることが大きな要因だと言われています。

 

妊娠中で体調がすぐれないと言う場合でも、しみを防ぐために、外出時には最低限のファンデーションは塗るようにするといいです。

 

そのため上記のような場合は通常よりも念入りにUVケア(日焼け止め対策)をする必要があるのです。

 

念入りなUVケアの日焼け止め化粧品のSPFとPAの目安

 

※ノーマル肌の場合 ⇒ SPF 50 PA+++

※敏感肌の場合    ⇒  SPF 30 PA+++

 

上記のようになります。通常がSPF20でPAが++なので比較すると、かなり厳重なのがよくわかると思います。

 

それだけ念入りにUVケアが必要なのだと理解して頂けるといいと思います。

 

また当サイトでは化粧品のトライアルセットの人気オススメ商品ランキングを比較して載せているのでよかったら参考にしてください。

 

トライアルセットなのでお試しで利用できので、安い価格で自分に合った化粧品を選ぶことができます。

 

トライアルセットのようなサンプルのお試しセットがあるような商品は、「使用すれば効果を実感できる」と自信がある証拠なのでリピーターも多いです。

 

是非試してみてください。

 

お試しトライアル化粧品ヘッダー
エイジングケアお試しトライアルセットランキング画像
ニキビケアお試しトライアルセットランキング
乾燥肌対策お試しトライアルセットランキング

 

タグ :     

化粧品の使い方と種類 UVケア(日焼け止め)

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る