化粧品のトライアルセット比較ランキング.com

化粧品のトライアルセットおすすめ比較ランキング.com

洗顔料の選び方!効果の高いおすすめの商品とは

読了までの目安時間:約11分
洗顔料の選び方!効果の高いおすすめの商品とは画像

洗顔料の選び方について、あなたは自分なりの基準を持って選んでいますか?それとも何となく目に付いた商品を選んでいますか?

 

洗顔料については昔から普通に使っているものなので、意外と何も考えずに選んでいる人って多いんですよね。

 

洗顔料のような毎日のように使うスキンケア用品はできるだけ自分の肌に合ったものを選ぶように吟味する必要があるのですが、それを怠っている人が多いです。

 

毎日のように肌に使う洗顔料は、しっかりと正しい選び方で選んだ効果の高い商品を利用するようにしましょう。

 

洗顔料の選び方の基準とは?

洗顔料の選び方の基準画像

 

最近は色々な洗顔料があります。沢山の種類の洗顔料があるので、どんな洗顔料を選ぶべきなのか悩んでいるあなたの為のに、洗顔料の選び方を紹介します。

 

近頃では洗顔料に、汚れを落とす以外の効果をプラスアルファした洗顔料が多く販売されています。

 

たとえば保湿成分美白成分が配合されている洗顔料などがあります。こういった洗顔料は効果があるのでしょうか?

 

保湿成分や美白成分を含んでいる洗顔料は、正直言ってあまり意味はありません

 

理由は簡単で、水で洗い流す時にそういった成分も一緒に流れてしまうので、効果は期待できません。

 

そういった理由から洗顔料を選ぶ時は純粋にどれだけ汚れが落ちるのかという事を基準して選ぶといいと思います。

洗顔料は形状から選ぶと分かりやすい

洗顔料を選ぶ際のポイントとして、成分表示から選ぶのは結構大変なので形状から選ぶといいです。

 

それぞれの形状によってそれぞれ特徴があるので、しっかりと特徴を抑えておくことによって自分にあった洗顔料を選ぶことができると思います。

 

また洗顔料を選ぶためにはしっかりと自分の肌質を正確に把握すると言うことも大事になってきるので、当サイトから詳しい内容について参考にしてみてはどうでしょうか。

 

間違った洗顔料を選ぶと肌にかえって悪い影響を与える可能性もあるので、このあたりはしっかりとしておく必要があります。

 

下記で洗顔料の形状や種類について7つに分けて載せているので洗顔料選びの参考にしてください。

洗顔料の種類は大きく分けると7つある!

洗顔料の種類は大きく分けると7つ画像

 

洗顔料を選ぶ際にまず知っておきたいのがどういったタイプの洗顔料の種類があるのかということです。

 

洗顔料を選ぶ際にはできるだけ肌への負担が小さくて洗浄力角質除去力があるものを選ぶことが大事になってきます。

 

洗顔は皮脂汚れやメイクや大気中の汚れ、古くなった角質などを除去して肌のターンオーバーを促すのに非常に重要な役割を担うことになります。

 

まずは下記から洗顔料の種類とその特徴を知っておきましょう。

固形石けん

洗顔料の中でも一番シンプルなタイプの石けんになります。

 

余分な油分を含まないものが多いです。脂性肌の人は浴用石けんを使ってもいいと思います。

 

白っぽい不透明なタイプの石けんはオイルベースでできているので、洗浄力は強いですが、肌への刺激は若干強いです。

 

逆に透明なタイプの石けんは保湿成分を配合していますが、洗浄力は弱めで肌への刺激は小さいです。

洗顔フォーム(クリーム)

洗顔フォームの場合は肌への負担が強いものから弱いものまで幅広くあります。

 

またしっとりタイプの洗顔フォームの場合は30%~40%の油分を含んでおり、肌に油膜を残す仕組みになっています。

 

そのため洗顔後のスキンケア用品の美容成分浸透効果を妨げる可能性があります。

 

クリームタイプの商品は色々なものが発売されているので、その中で自分の肌体質に合ったものをそこからさらに選んでいく必要があります。

洗顔フォーム(リキッド)

リキッドタイプの洗顔料はクリームタイプと同じく油分の配合量が多めでしっとりと仕上がるものが多いです。

 

こちらもクリームタイプと同様に、顔後のスキンケア用品の美容成分浸透効果を妨げる可能性があるので注意が必要です。

 

まあ、こちらもクリームタイプと同様に色々なタイプの商品が出ているので、自分の肌に合ったものを選ぶのが大事になってきます。

 

ただ消費スピードが早いという評判もあり、コスパ面でちょっと難点があるという話もあります。

パウダータイプの洗顔料

パウダータイプも洗顔フォームと同様に刺激の強いものから弱いものまであり、洗浄力も同様で強いものから弱いものまであります。

 

パウダー洗顔料についてはあまり利用している人は多くないように感じますね。

 

ただベビーパウダーを使った洗顔や、ベビーパウダーを使ったパックなどが話題になったりしていますね。

 

他にもパウダータイプのものには酵素洗顔などの商品も含まれていたりします。

スクラブ洗顔料

スクラブ洗顔料には、洗顔料に粉末状の粒子が入っており、これが古い角質や余分な皮脂などを取り除いてくれます。

 

ただ何となく予想できると思いますが、肌への刺激が強いので利用する際には注意が必要です。

 

あまり頻繁に使うと肌への負担になるだけでなく、ゴシゴシと洗ってしまうと肌が傷ついてニキビなどの肌荒れにつながります。

 

毎日のように利用するには刺激が強すぎる洗顔料だと思ったほうがいいです。

泡タイプの洗顔料

泡タイプのものは使い勝手がよく、手早く使えるため使用には便利です。

 

ただ強めの界面活性剤を含んでいる物もあり、選ぶのが難しいです。

 

また泡が固いものは発泡剤が多めに含まれている可能性があります。

 

泡タイプの洗顔料を利用する際にはしっかりと泡立ててきめ細かい泡で洗うことが大事になってきます。

 

便利ですが選ぶ際には界面活性剤など配合成分に注意しましょう。

泡立たないタイプの洗顔料

泡立たないタイプは刺激が弱いので、肌荒れがひどい人にはお勧めできますが、洗浄力が弱いので肌荒れがひどい人以外にはお勧めできません。

 

基本的にはよほど肌が弱い人でないと利用することはないので、除外してもいいのかなという感じがしますね。

保湿効果のある洗顔料はどうなの?

保湿効果のある洗顔料画像

 

洗顔料には形状を含めて色々なタイプの商品が販売されていますが、皮脂を落としすぎるとシワの原因になるという噂から、肌に潤いを残すタイプの洗顔料を使っている人も多いのではないでしょうか?

 

しかし肌表面の皮脂を放置していると、その部分が酸化してしまって過酸化脂質に変化して、これが活性酸素を生み出し老化の原因になります。

 

しっかりと皮脂を落とすことが毛穴の開きやシミやシワなどのエイジングケアにつながっていくのです。

 

さらに肌に潤いを残すタイプの洗顔料は油分が含まれており、洗顔後に油分が残るのでしっとりとした感触になります。

 

しかし、その油膜は肌にとってあまり好ましいものではなく、あとで使う化粧品成分の浸透の妨げにもなるので邪魔なものです。

 

こうった理由で洗顔料はしっかりと汚れを落とすことを第一に考えて選ぶようにするといいのです。

 

洗い上がりの肌を触って、指がキュッキュッというくらいが皮脂がしっかりと落ちているサインだと思っていいです。

どの洗顔料の種類がおすすめなの?

おすすめ洗顔料画像

 

洗顔料には上記のように7つの種類があります。

 

それぞれに色々な特徴がありますが、この中で一番オススメなのが固形石けんになります。

 

理由は洗浄力もあり、肌に余分なものが残らないからです。

 

上記でも説明していますが、潤いをキープする潤い成分があるものは油分でできており、後から使う化粧水や化粧品の浸透を妨げる結果になります。

 

洗顔の後に保湿美容液などでケアをすることを考えると、余分な油分を含んだ潤い成分を含まない普通の固形石けんが一番いいのです。

 

洗顔料を選ぶ際には洗顔後のスキンケアのことなどを考えて選ぶようにするといいです。

 

普通肌から乾燥肌の人は洗顔用の固形石鹸を使って、オイリー肌の人なら浴用石鹸を使ってみるといいです。

 

当サイトでは洗顔料などを含めた化粧品やスキンケア商品のお試しトライアルセットを多数紹介しているのでよかったら下記を参考にしてください。

 

洗顔料などを含めて自分にあった大手メーカーの商品を複数まとめて安く試すことができるのでかなりお得だと思います。

お試しトライアル化粧品ヘッダー
エイジングケアお試しトライアルセットランキング画像
ニキビケアお試しトライアルセットランキング
乾燥肌対策お試しトライアルセットランキング

 

化粧品の使い方と種類 化粧品の使い方と種類 洗顔料

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る